Twitter
サイト管理者
長野市 近藤満里
mari@nkomei.com

Archive for 2020年 1月

長沼地域交流ハウス視察

昨年12月15日に開所した長沼地域交流ハウスを視察させていただきました。長沼地区は人口2318人899世帯(令和元年10月㏠)のうち、859世帯2276人が被災されました。地域を支える公共施設も壊滅的な被害に見舞われました。そんな中、いち早く設置されたのがこの交流ハウスです。11月28日12月議会初日に予算を議決、その半月後には開所とスピード感を持って設置されました。「被災地域に一刻も早く復旧・復興の光を灯したい。」関係者のそんな思いが伝わってくるようです。地域に皆さんが自由に使える場所として、大変喜ばれているとの事でした。地域が元気であるために、心の支えとなる場所の大切さを改めて実感させていただきました。
長沼地域をはじめ、被災地の復興はいよいよこれからです。復興局を中心に進められますが、安全・安心をどう担保しながら進めていくのか、
一緒に考えていきたいと思います。

成人の日に

12日、吉田地域の成人式に参加させていただきました。
丁度、新成人となった皆さんが誕生した頃、長野市でも人口減少時代に入りました。
平成11年生まれの赤ちゃんは、3739人、
平成30年生まれの赤ちゃんは2719人。
およそ20年で赤ちゃん誕生数は、1000人以上減少しています。
新成人の皆さんが還暦を迎える頃には、現在およそ38万人の長野市の人口は23万人と推計されています。
こうなると人口に見合ったサイズに社会を作り替えていく事が必要です。
長野市においても公共施設マネジメントに取り組み、どんな施設どんな形で残していけば効率よく快適な社会になるかを検討していますが、
21世紀の主役は、間違いなく21世紀を生きていく新成人の皆さんですから、こうした取り組みにも関心を持ち、積極的に参加していただきたいと思います。
11日には長野市消防出初式も行われ、新年にふさわしい出発式となりました。

2020年スタート

毎年恒例の元日のご挨拶、1月2日の街頭演説で新年がスタートしました。6日は市役所の仕事始め、昨年の災害対応に献身的に尽力して下さった職員の皆さんに感謝を申し上げながらご挨拶させていただきました。今月は様々な団体の新年会が目白押しですが、多くの方とお会いする中で、ご意見をお聞かせいただきたいと思います。
今年もよろしくお願いします。