今日は新年度スタートの日。進学者の皆さん、フレッシャーズの皆さんは期待に胸を膨らませてスタートダッシュしたことと思います。新しい環境での飛躍を心からお祈りいたします。私も議員1期目の折り返しであり、今日は新たな気持ちで1日活動しました。政権交代してから3か月が過ぎました。以後、自公政権はスピード感を持って経済対策を打ち出し、特に公明党においては無駄のない経済活性化と防災減災対策を柱とした「防災・減災ニューディール」を提唱。長野県においても24年度補正、25年度当初予算いわゆる15か月予算を編成、防災減災安全対策を多く盛り込まれた予算が先の県議会2月定例会で可決されました。今後公共事業においては今まで以上の発注が見込まれますが、真に地域経済が上向いていくよう対策を講じていかなければ効果は発現できません。このような時に地方議員が本領発揮し地域の実情をしっかり把握していかなければと決意しています。この数日は地域の建設業者の方、また様々な業種の方と意見交換を行い、課題点をお聞きしております。一層の効果が出るよう皆様から頂いたご意見、ご要望を県政に働きかけてまいります。

コメントは受付けていません。

公明党広報
サイト管理者
長野県 中川宏昌
komei@yaruzohiromasa.com