災害公営住宅美濃和田団地

今日は、市営住宅の不具合箇所の相談をいただきましたので、現地を確認しました。
早速、市住宅課に写真を持って伺いましたが、指定管理先の県住宅供給公社のエリア管理人の電話番号を教えるだけの対応でした。
市民の方が窓口に来られても指定管理先の電話番号を教えるだけでしたら問題だと思います。一旦預かり、県住宅供給公社に市から連絡し、場合によっては県から市民にお答えを連絡するべきと考えます。
尚、エリア担当者は何度電話しても留守番電話でつながりませんでした。
今日の午前には、災害公営住宅美濃和田団地の見学会がありました。
玄関に折り畳み式ベンチが据え付けられており、靴を履く時の優しさを感じました。
被災された皆様が、この住宅で新しいコミュニティを一日でも早く構築できることを祈ります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
長野市 松井英雄
matsui@nkomei.com