ガーベラの花

今日は、木曜日の朝の街頭演説からスタートしました。いつもでしたら加藤康治県議会議員と行うのですが、加藤県議が朝から所用があり一人で行いました。
公明党では、農林水産省の「花いっぱいプロジェクト」を応援しようと胸にささやかですが花を挿して協力しています。
私も地元の花屋さんでオレンジのガーベラ一輪を購入し胸にさして行いました。オレンジのガーベラの花言葉は忍耐づよく前を向いていくようなイメージがあり、東日本台風災害、新型コロナウイルスなど相次ぎ現在、耐えながら次の一手を前向きに打っていることから選びました。
また今日の午前中は、子ども議会が開催され第1部では議場で第2部は経済文教委員会との意見交換でした。皆さん素晴らしい提案と振舞いでした。
夕方には市役所にて花いっぱいプロジェクトとして花の販売をしていましたので協力させていただきました。
きました。‬
アルストロメリア中心の花束でしたが、アルストロメリアは、長野冬季オリンピックのメダリストへの花束として使用し、長野県は生産日本一です。
今後も花卉生産者を応援してまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
長野市 松井英雄
matsui@nkomei.com