Twitter
サイト管理者
長野市 勝山秀夫
katsuyama@nkomei.com

今日は古里市民センターで昨年の台風災害からの復興イベント、今こそ応援「がんばろNAGANO」2020が行われました。
セレモニーでは、古里地区住自協に長野県より贈られた県知事表彰の披露、市より新たに支給された救命ボートが紹介されました。アトラクションでは地元合唱団の合唱、ピアノ演奏など素敵な音楽で癒されました。
昨年の長野県は、東日本台風災害をきっかけに、近年、激甚化・頻発化する台風・豪雨災害は地球温暖化が主な原因と考えられ、この問題を抜本的に解決するため、異常気候変動宣言を行い、2050年にゼロカーボンを達成すると発表しました。国も菅総理が臨時国会の所信表明において、2050年ゼロカーボンを宣言しました。昨年の東日本台風災害をきっかけに政治も地球温暖化対策、脱炭素社会へと動き出したことを感じます。
2050年ゼロカーボンは中長期的な取り組みで、目に見えた成果はわかりずらいとは思いますが、地球温暖化対策と防災・減災対策を着実に進めながら、災害に強いまちづくり、安心・安全なまちづくり、持続可能なまちづくりを進めてまいりたいと思います。

コメントは受付けていません。