Twitter
サイト管理者
長野市 勝山秀夫
katsuyama@nkomei.com
バックナンバー 2020年 11月

昨日、近所の石川さん(党員さん)と一緒に傷んだポスターの貼替え作業を行いました。石川さんは電気工事の仕事をしていて手際良く土台を作ってくれ、以前より頑丈になり一安心。この後、二ヶ所も設置し、いい汗かきました!

今日は長野市推し店プラチナチケットを利用して昼食。チケットの利用期限は今年中。まだチケットお持ちの方はお忘れ無く利用しましょう。お店を応援しましょう!
写真は王様中華そば。ネギとコショウが絶妙!美味しく頂きました!

昨日は公明党長野市議員団として加藤市長に来年度の予算要望をしました。今回の予算要望は市民の皆様の声から災害復興、コロナ対策、女性政策、青年政策などを盛り込み作成に約1ヶ月をかかりました。
今後は皆さんに喜んで頂けるよう、一つひとつの政策が実現するように全力を尽くして参ります。

今日は少し時間が空いたので、勝山ひでお通信26を徒歩で配布しました。コロナ禍でしたので今年は初めての配布になります。
30分程でしたが、近所にご挨拶しながら配布できました。
地味な取組みですが、継続していきます!

今日は公明党長野支部大会が行われ、支部長の大任を拝しました。重責に身の引き締まる思いでありますが、皆様からご指導を頂きながら全力で任を全うしてまいります。生まれ変わった気持ちで党勢拡大に邁進してまいります!

今日は古里市民センターで昨年の台風災害からの復興イベント、今こそ応援「がんばろNAGANO」2020が行われました。
セレモニーでは、古里地区住自協に長野県より贈られた県知事表彰の披露、市より新たに支給された救命ボートが紹介されました。アトラクションでは地元合唱団の合唱、ピアノ演奏など素敵な音楽で癒されました。
昨年の長野県は、東日本台風災害をきっかけに、近年、激甚化・頻発化する台風・豪雨災害は地球温暖化が主な原因と考えられ、この問題を抜本的に解決するため、異常気候変動宣言を行い、2050年にゼロカーボンを達成すると発表しました。国も菅総理が臨時国会の所信表明において、2050年ゼロカーボンを宣言しました。昨年の東日本台風災害をきっかけに政治も地球温暖化対策、脱炭素社会へと動き出したことを感じます。
2050年ゼロカーボンは中長期的な取り組みで、目に見えた成果はわかりずらいとは思いますが、地球温暖化対策と防災・減災対策を着実に進めながら、災害に強いまちづくり、安心・安全なまちづくり、持続可能なまちづくりを進めてまいりたいと思います。

昨日は公明党長野県本部青年局主催の信州テラス(ユーストークミーティング)をオンラインで行い、スペシャルゲストとして、長野県阿部知事、担当議員として、公明党青年局長の三浦ひろのぶ参議院議員、県内の青年局の皆様、県議、市議など総勢100名近くの皆さんにご参加いただきました。主に「地球温暖化対策」と「SDGs」について3人の青年の代表と阿部知事で意見交換・政策要望を行いました。阿部知事からは「素晴らしい。是非取り組みたい。」「熱い思いが伝わってきた。」「気合を入れて取り組んでいきたい」など大変前向きなご意見をいただくとともに、「若い人達が自分事としてとらえ、取り組んでいただきたい」との若者に対してのメッセージをいただきました。
大変有意義な意見交換ができました。
阿部知事、大変にありがとうございました。
また、ご参加いただいた三浦青年局長、青年局の皆様、議員の皆様大変にお世話になりました。ありがとうございました。