menu

9月 4日

 瑞穂町一斉に、防災訓練が行われました。

 元狭山地域は、通常、第三小学校で行われますが、今年は、工程の芝生化工事のため、3地域に分かれての実施でした。二本木は、新しくできた、防災広場での実施で、私は、災害時はまず、自助、続いて共助が大切ですから、実践をと思い、放送がなると、隣近所のお宅に声をかけて安否確認と参加を促しました。

 今回の訓練では、ボランティア活動についてや、自転車を使っての避難所間の連携が新しい企画でしたが、その他は、例年通りの内容でした。

 大切だけれど、毎年同じだと、実践体験者も少なくなるので、家にあるもの(タオルや物干しざおなど)を使っての訓練にするなど、工夫がほしいなと思いました。

 広場には、仮説トイレや、炊き出し用の大なべ等も保管されているので、それらの利用も試すこともいいのでは、とも思いました。

 担当課には、感想として、お伝えしました。今回は、町として今まで以上の参加があったそうです。大震災の影響は大きいですね。しっかり、教訓にしていきたいです。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
瑞穂町 下野義子