menu

8月 24日

今年度の研修の最終講演会にも参加できました。

 今日の内容は、現場の先生や、関係者の方向きと思いました。発達障害の定義の確認から、特徴を理解し、どう指導するかなどのお話でした。

 こうした話を、周りにいる子どもたちの、親御さんたちに聞いていただき、コミュニケーションの上手くできない事を理解し、手助けしてもらえるよう、子どもたちに話してほしいなあと思いました。

 支援の必要な子どもたちは、理解が進まないと、変わった子ども、話の通じない子ども、空気が読めない子どもなどと誤解を招きやすく、いじめにつながったり、不登校を誘発したりするケースもあるといわれます。

 わが町で、そんな子供を出さないためにも、先生方をはじめ、多くの保護者の理解と協力がすすむと良いなと説に願います。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
瑞穂町 下野義子