menu

6月21日
 2期生議員の合同会派で、東京たま広域循環組合と西多摩衛生組合を視察しました。

 午前中は、広域の日の出二ツ塚廃棄物処分場のエコセメンンと施設と最終処分場をしました。
 広域循環組合は多摩地域25市1町で構成され、約400万人におよぶ一般廃棄物最終処分のため、処分場の設置・管理運営と可燃物の焼却灰を資源としたエコセメント事業を推進しています。
 以前は、すべて埋め立てにしていたものが、加工してセメントとして活用でき、埋め立て量を大幅に縮小できる事になりました。埋立地の汚水は、完全に管理し、適正な処理をして排水するようにしているとのこと。地域の住民に安心してもらったうえで、ごみの処分が図られるよう、今後も、しっかり管理していかなくてはならないと思いました。
 すでに、埋め立てが完了している谷戸沢処分場は、25年以上生体モニタリング調査を実施しています。以前より、多様な生物が生息されるようになったとか。ごみを自然にかえる工程には、長い年月がかかることが分かりました。

 午後は、西多摩衛生組合の処分場を視察しました。この施設は、高性能の炉を3基有し、以前よりごみが少なくなっているとの事で、1日1~2炉を稼働、交代で使用しているそうです。もっと可燃できれば、水蒸気を使った蓄電ができ、節電が進むとの話と、プラスチックのリサイクルは、汚れのないものでないと経費がかかりすぎ、多くが資源ではなく、埋め立てにされ、可燃した方がエコセメントによる循環が図れるのではとの話がありました。ごみの処分には色々な見解があり、これからも、議論が必要であると感じました。

 できるだけ、無害に、循環型の舎利ができること、無駄なごみを出さないこと、個人、行政、それぞれの取り組みが大切と思いました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
瑞穂町 下野義子