menu

沖縄の精神保険福祉センター所長と

公明会派で視察に行ってきました。

1月13日

 うつ病対策に、先駆的に取り組んでいる沖縄の精神保険福祉センターで、認知行動療法とデイケアの取り組みを視察しました。

 陶芸や工作、調理などの達成体験と認知行動療法講習、グループミーティングを組み合わせたプログラムを実施。

 多くの人が、うつ病を克服し、社会復帰を果たしているということでした。精神科の医師のもとでないと、保険適用で、安価にできないとのことで、普及には、課題もありますが、今、社会で問題になっているうつ病には、強い味方であると強く感じました。

1月14日

鹿児島県庁から見た桜島

 鹿児島の県庁で、HTLV-1型ヒト白血病ウイルス抗体検査の取り組みについて、学んできました。

 この病気は、鹿児島では当たり前に知られており、10年以上も前から、母子手帳配布には抗体検査の啓発が行われていたそうで、抗体検査も自己負担んで行われてきました。 

 県でも、10年前から検証を進め、検査の重要性を鑑み、平成20年から、公費助成が実施されております。ほぼ100%の妊婦さんが検査を受けるそうです。年々発症する患者の数が減っていることから、実行すべき取り組みであると確認できました。

 今、ようやく、国も動き始めました。

 私も、9月、12月議会でも一般質問で抗体検査の啓発と、公費助成、心のケアを訴えました。わが町で継続した実施を進めてまいります。

 このほか、自殺対策、うつ病対策についてもその取り組みについて、研修してまいりました。

 

 これからの町政に、活かせるよう、さらに研究し、具現化できるよう頑張ります。

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
瑞穂町 下野義子