menu

5月8日(火)、回答書を受け取りました。

内容の抜粋を掲載します

このたびの署名及び要望書に対し、町の防災・減災に関する現況及び、取り組み姿勢をお知らせし、回答とします。

橋梁は、残堀川を中心に架橋した18橋がありますが、設置年度も新しく、耐震基準を踏まえて建設されたもので、強度不足を疑われるものはありません。

公共施設については、学校の耐震改修は全て実施済みで、今後非構造物の耐震性の向上に努めます。

公共施設全般については、昭和56年の建築基準法改正以前の建物から順次、耐震性を確認しているところです。

今般、役場庁舎一部の耐震性が脆弱であることが判明したので、該当部分を建て替える予定です。

また、本年度は、地区会館の耐震診断を実施します。

下水道など、地下に埋設された施設は、耐震診断も含め、改修計画に沿って順次維持管理・更新をしていきます。

瑞穂町では、道路などの社会インフラ整備の歳出総額に占める割合は、平成14年度から毎年平均18%台を維持してきました。計画的な投資効果が得られるよう投資額の平準化を維持しているためです。

今後も、予測性と計画性を重視し、修繕・補修を含めた公共施設全般の機能維持と安全性の確保に努めてまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
瑞穂町 小川龍美