menu

5月26・27日東京サマーランドで、第1回多摩げた食の祭典~大多摩B級グルメが開催されました。

近年、各地で「地域おこし」・「町おこし」の一環として、B級グルメ大会が盛んに行われていますが、この大多摩地区でも10市町村が一堂に会し、食と観光・地産地消をテーマに、「多摩げた食の祭典・大多摩B級グルメ」が開催されました。

大多摩地区とは、青梅市・福生市・羽村市・あきる野市・瑞穂町・日の出町・奥多摩町・山梨県丹波山村・小菅村の10市町村です。

観光関連業者と協働を図りながら、昔ながらのB級的な食を発掘・提供することで、観光客の集客効果を高め、観光素材の一つとしてご当地グルメを再発見する機会としています。

また、来年国体「スポーツ祭東京2013」が開催されることに伴い、今年はプレ大会が開催されます。

これを機会に大多摩の「食と観光」を全国に発信したいと考えているそうです。

私は、26日に行ってきましたが、大勢の人でにぎわっていました。

瑞穂町が出展した「瑞穂もつ焼きうどん」と「瑞穂焼肉キムチドッグ」をしっかり味わってきました。

特製げんこつスープと東京牛乳をブレンドした「もつ焼きうど」んは、コクと牛乳のまろやかさがマッチしたおいしい味付けになっていました。

焼肉キムチドッグは、焼いたコッペパンにおいしいお肉がたっぷり詰まっていました。

瑞穂のご当地グルメを考案し、当日は調理や販売に携わって下さった皆様、本当にご苦労様でした。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
瑞穂町 小川龍美