menu

 晴天に恵まれる中、町内6カ所で街頭演説を行いました。

今回は、国の2012年度予算案と消費税法案について、述べさせていただきました。

4月5日やっと予算案が成立しましたが、公明党はこの予算案に一貫して反対しました。

予算案反対の第1の理由は、実質的に過去最高の歳出規模となっており、歳出削減の努力が皆無だからです。

民主党政権になってから3年続けて新規国債額が税収を上回る異常事態に陥っています。

民主党政権になってから、年々増え続ける「水ぶくれ予算」です。

第2の理由は、景気対策の成長戦略が欠如していることです。欧州の債務不安がくすぶり、円高と東日本大震災の影響で国内産業の空洞化も進行しています。

今こそ、力強い景気対策・円高対策・デフレ対策の成長戦略が求められているにもかかわらず、無為無策の民主党政権の下で、デフレ克服も円高克服も期待できず、日本経済の閉塞感は強まる一方です。

民主党はやみくもに国家財政を肥大化させた責任を重く受け止めるべきです。

また、消費税法案については、はじめから「増税ありき」で、社会保障の全体像は示されないまま、景気への配慮が不明確な上、低所得者対策も不十分な内容になっています。

これまでも公明党は、消費税を上げる際、満たさなくてはならない5つの条件を示してきました。

1、社会保障の全体像しめすこと。2、景気回復。3、行政改革とムダの削減。4、使途を社会保障に限定すること。5、税制全体の一体改革です。

消費税法案はこの条件をほとんど満たしていません。公明党は、この条件を軸に民主党政権の見解を厳しく追及してまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
瑞穂町 小川龍美