menu

 6月1日から、平成23年第2回定例議会が始まりました。

私は、「町の震災対策を問う」と題し、初日に一般質問を行いました。

3月11日に東日本大震災が発生しましたが、東京でも首都直下地震や東海地震が懸念されます。震災に備え、万全の対策を講じるべきと考え、次の3点について質問しました。

① 役場北側の消防署直下を立川断層が通っている。町に所在する重要な施設を安全な場所に移転すべきと考えるが。

② 町施設や個人住宅の耐震診断・耐震改修の早期促進を。

③災害時要援護者の救援体制の確立を。

①について、役場庁舎の移転は簡単にできることではありませんが、消防署移転や旧庁舎の老朽化については何らかの対策を講じるべきと考えます。

②は今年度、耐震改修促進計画策定の業務委託が予算化されています。策定後は、速やかに実行に移すべき考えます。

③災害時に、要介護状態にあるお年寄りや障害をお持ちの方を救援するため、地域で支え合う、人と人とのネットワークづくりが必要です。

議会のもようは、近日中にインターネット中継で放映されますのでご覧ください。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
瑞穂町 小川龍美