menu

 改選後、新年度にあたり各団体の総会に出席する日々が続いています。

5月7日の4小PTA総会を皮切りに、瑞穂町PTA連合会総会、体育協会総会、武蔵野自衛消防隊総会、寿クラブ連合会の総会に出席させていただきました。

5月13日、瑞P連の総会では、厚生文教委員会委員長としてご挨拶をさせていただきました。

瑞穂町教育委員会では、これまで学力向上に力を入れてまいりました。今年も町独自で学力調査や漢字検定を行うとともに、小学校低学年や中学1年生に学習サポーターを配置します。

また、今年は3小の校庭芝生化工事と、5小の芝生化工事設計委託が行われます。

そして、東京都水道局が推進しているモデル事業を活用し、受水槽を通さず子どもたちが冷たくおいしい水道水が飲めるよう、瑞穂中学校の給水管布設替工事と1小の工事設計委託を行います。

また、児童・生徒のいじめや不登校、暴力行為などの問題行動の未然防止や早期解決には、学校と家庭の連携が非常に重要であります。

町では、今年度、東京都が打ち出した新規事業「学校と家庭の連携推進事業」に取り組む予定です。

子どもたちにとって、お父さん・お母さんがPTA活動に一生懸命取り組む姿はとてもいい影響を及ぼします。

これからも、学校・家庭・地域・教育委員会・議会が連携を密に情報を共有し、みんなで力を合わせて子どもたちを守り育ててまいりましょう。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
瑞穂町 小川龍美