menu

政府は13日、新型コロナウイルスワクチンの2回接種を完了した人が50・9%に上ったと発表した。2月に医療従事者らへの接種が始まって以来、約7カ月で全国民の半数超が接種を終えたことになる。累計接種回数は1億4400万回を突破し、世界第5位。
発症や重症化を防ぐワクチンの効果は顕著だ。厚生労働省によると、既にデルタ株への置き換わりが進んだ今月1~3日の新規感染者のうち、未接種者は10万人当たり59・9人だったのに対し、2回接種した人は同4・5人で、未接種者の13分の1以下に抑えられた。1回接種した人でも同20・5人にとどまった。特に重症化リスクが高い65歳以上の高齢者は、先行して接種したこともあり、7~8月の感染が10万人以上抑制され、死亡も8000人以上少なくなったと推計されている。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp