menu
バックナンバー 2021年 6月

新型コロナウィルスのワクチン接種が加速しています。公明党はワクチンの確保から接種の加速化まで一貫してリード。命を守る取り組みを進めてきました。(6月29日付公明新聞3面)

JR高槻駅北口バスターミナルでの朝の挨拶を行いました(NO.663)。
7月4日(日)の投開票まであと6日となった東京都議選。公明党の23候補は連日、各地で渾身の訴えを続けているが、いずれも当落線上で激闘を繰り広げている。
断じて勝利‼️大逆転勝利へ全力で頑張ります。

JR高槻駅北口バスターミナルでの朝の挨拶を行いました(NO.662)。
6月19日(土)9時から始まった高槻市の64歳以下のコロナワクチン接種券交付申込は、反響が大きく予定枠を上回り、21日(月)10時で一旦終了となりました。
6月議会もあと2日となりました。25日(金)最終日に、一般質問(テーマ:社会的孤立防止対策、重層的支援体制整備事業)を行います。

緊急事態宣言が解除され2ヶ月振りにJR高槻駅北口バスターミナルでの朝の挨拶を行いました(NO.661)。
「久しぶりですね」「どうされたのですか」などたくさんの激励を頂きました。
6月17日(木)に高槻市長へ緊急要望を行った記事が公明新聞に掲載されました。64歳以下の接種券の申し込みが19日(土)から始まり要望が実現ましたが、「接種券、申し込みました。ありがとうございました。」とのお声も頂戴しました。引き続き皆様のお声を実現してまいります。

令和3年6月17日(木)、高槻市公明党議員団全員で、濱田市長へ新型コロナウイルスワクチン接種の円滑な接種に関する緊急要望を行いました。ワクチン接種が加速化する中で、大阪府下の大規模接種会場では、64歳以下の接種が始まったことから接種券の早期配布や、地域性を考慮した集団接種枠の拡充、訪問接種、移動支援など15項目について要望しました。

令和3年6月15日(火)から、樫田支所で、樫田地域の希望される高齢者の皆様へのワクチン接種が始まりました。
樫田診療所が利用できる日(週2回:火曜日と木曜日)に合わせて、1回目4日間、2回目其々3週間後4日間で行われます。

経済産業省は3日、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に伴う、飲食店の休業・時短営業や外出自粛の影響を受けた中小事業者などに1カ月当たり最大20万円を給付する「月次支援金」について、4月と5月の申請を16日から専用ホームページで受け付けると発表した。6月分は7月1日から始める。公明党の主張で幅広い事業者が対象となるほか、手続きも簡素化される。(6月6日付公明新聞1面)

公明党の石井啓一幹事長は4日午前、衆院第2議員会館で記者会見し、コロナ禍の東京五輪・パラリンピック開催の意義や感染防止策については、政府や大会組織委員会、東京都が丁寧に説明し、国民に安心感を生み出していくことが重要だと強調した。(6月5日付公明新聞1面)

菅義偉首相は2日夜に開かれた「COVAXワクチン・サミット」で新型コロナウイルスワクチンの途上国への公平な普及に向け、日本から8億ドル(約880億円)の追加拠出を行うと表明した。公明党が強く求めていたもので、政府に対し28日、COVAXへの追加の拠出金として7億ドル以上を確保するよう緊急提言を申し入れしていた。(6月4日付公明新聞1面)

皆様のお声が形になりました。
①、②: 府道枚方亀岡線、安岡寺小学校の通学路となっている交差点の横断歩道の引き直し(林府議から警察へ要望)。
③: 西真上の狭隘な道路沿いの水路へ転落防止柵の設置(高槻市へ要望)。
④: 松が丘3-23のU字側溝の底が広範囲にわたり破損していたため補修(高槻市へ要望)。
ありがとうございました。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp