menu

2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標を盛り込んだ改正地球温暖化対策推進法が26日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。公明党が訴えてきた「脱炭素社会」の実現が法的に位置付けられる。(5月27日付公明新聞1面)

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp