menu

平成30年5月29日(火)会派視察第2日目は仙台市「新たな学校防災教育の取り組み」について視察を行いました。東日本大震災以降、特に、平成28年度からは「仙台版」防災教育として推進、「自助・共助力を備えた児童・生徒」をあるべき姿とし、学校教育に加え、家庭・地域・関係機関との連携・協力・情報交換を行いながら、知識・技能・態度の3つの「防災対応力」の育成に努めている。さらに、防災教育の充実を図るため発達段階を配慮した「仙台版防災教育副読本」の作成、一部小学校での科目化、一部中学校区での総合防災訓練の実施等を行っている。
また、継続的な防災教育や防災訓練等を通じて、風化させないことも主要目的の一つとしているが、主体性や人格の形成など副次効果に繋がっていることは特筆される。仙台版防災教育は、先進的な取り組みであることに加えて、絶えず進化しており、しっかり学んでいきたい。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp