menu

平成29年8月29日(火)午前、今年6月から稼働開始した「安満遺跡公園内の雨水貯留施設」を現地視察しました。高槻市では、平成24年8月に時間最大雨量110mmのゲリラ豪雨により床上浸水247ヶ所、床下浸水597ヶ所の大きな被害を受けました。その後、平成27年2月に浸水被害の軽減を目指して「総合雨水対策アクションプラン」を策定、今般、総工費約25億円をかけ、大阪府府下最大級(2万㎥)の貯留施設が完成しました。公明党会派としても要望をしていました。今後も平成24年の被害状況を鑑み、市内に貯留施設が順次設置されます。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp