menu

藤井聡著「プライマリー・バランス亡国論」を読了。本の帯に「プライマリーバランス(財政の収支)のための増税と予算カットで国民は貧困化し、財政は悪化する。今こそ、積極財政で日本の危機を救え」とある通り、著者は、過去30年間の日本経済の動向を様々な実証データを使い「プライマリー・バランス制約」が、経済を悪化させ日本の明るい未来の訪れを阻むなど、日本を亡国に導く要因であることを解明。また、今の日本にとって、早期のデフレ脱却が不可欠とし、そのためには、「PB黒字目標」という過剰な規律を撤廃し、現状の金融緩和政策に加え、積極的な財政政策(=PB赤字拡大)を、財政の合理性を担保するワイズスペンディング(賢くお金を使う⇒より効果的に成長を促す支出を計画し、合理的に進めていくこと)をベースに行う必要があるとし、さらに、その効果としてデフレ脱却のみならず、財政再建を含めた、日本のあらゆる問題の改善、解決に繋がると主張している。難解なマクロ経済について、大変わかりやす書かれており一気に読むことができました。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp