menu

平成28年10月26日(水)総務・消防委員会で、茅ヶ崎市を訪問。業務継続計画を視察しました。東日本大震災を契機に業務継続計画の策定に着手。自衛隊出身の防災担当参与を登用、そのノウハウ、経験をいかし、地域に係る災害予防、災害応急対策を適切に実施するため、本部組織を補佐・総合調整機能を持つ統括調整部を設置しているのが特徴。当部は、医療、救援物資等の対応を行う10個対策班、80名の組織からなり、庁内等組織全体が適切に機能するように、調整機能を果たしている。災害等への備えに危機感を持ち、より実践かつ機能的な組織が構築との印象を持ちました。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp