menu

平成28年7月29日(金)視察第2日目は、新潟県糸魚川市「子ども一貫教育」を視察しました。平成17年の1市2町合併後、市長の「日本一の子どもを育てたい」との公約をきっかけに、平成21年度から市民総ぐるみで育てる「0歳から18歳までの一貫した教育方針」を策定。平成22年度には、行政窓口を「こども課」に一本化した。内容は、「ひとみがかがやく日本一の子ども」をスローガンに、園・学校、家庭、地域が連携し、子どもの「自立支援」、「愛着形成」、「自己肯定感の形成」に向けた指導や支援を行いながら、子どもに「確かな学力」、「健やかな体」の3本柱を確立することを目指している。また、重要な教育活動として①「糸魚川ジオ学」(=地域やジオパークを活用した体験活動を通じで「糸魚川大好き!わがいといがわ」と言えるよう郷土愛を育む)、②「キャリア教育」(=自分の将来を設計し、自立して生きていく力を育む)を位置付け、糸魚川市の教育の大きな特色となっている。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp