menu
バックナンバー 2016年 4月

平成28年4月21日(水)午後、地域の青色防犯パトロールに参加しました。教育委員会が作成した校区安全マップに指定された危険箇所をすべてパトロールしました。天候は良好で、公園ではたくさんの小学生や親子が遊んでおり、声掛けをさせていただきました。

JR高槻駅北口バスターミナルで朝の挨拶を行いました。陽がのぼるのが早くなり、春らしい天候になってきました。挨拶をしていると市民の方から「公明党頑張ってるね」と激励をいただいた後、熊本地震の話題になり、奥様の実家が、熊本の玉名市にあり、昨日から息子さんが休暇をとり、救援物資を持って現地に行かれたとのことでした。頑張ってください。

JR高槻駅北口で朝の街頭演説を行いました。18日夜、公明党山口代表、井上幹事長が安倍首相に行った、熊本地震の被災者支援に総力をあげることを内容とした緊急要請を中心にお話しました。高槻市民からも、救援物資が届かない、安心できる生活の為の警察官の派遣拡充、ペットの居場所確保などのご意見や要望が寄せられております。

JR高槻駅北口バスターミナルで朝の挨拶を行いました。朝の陽射しは強く、新緑のシーズン到来でしょうか。一方、私を含め花粉症で悩まれている方が、たくさんいらっしゃると思いますが、今週も頑張ってまいりましょう。

4月17日(日)は、大楠公と縁がある島本町へ、友好活動に行ってきました。ある方は、熊本の友人への支援活動、またある方は、息子さんが静岡で議員を目指されているなど、お忙しい中、さまざまな話をしていただき、友好を深めることができました。

平成28年4月16日(土)午後、JR高槻駅北口バスターミナルとJR島本駅前ロータリーで、石川ひろたか参議院議員の街頭演説が行われました。真夏のような暑さにもかかわらず、多くの方に集まっていただきました。東日本大震災での実績や早朝に決定した熊本地震被災地への自衛隊の派遣に向け、不眠不休で取組んだことなどを語られました。感動しました‼️

平成28年4月16日(土)午前、大阪府本部で議員総会が行われました。岡澤箕面市議の活動報告、国重府本部副代表から、改正公職選挙法のポイント、ヘイトスピーチについて、佐藤府本部代表から熊本の地震への党の対応状況、内閣府の世論調査の結果などについて、北側党副代表より、熊本の地震への政府などの対応状況、定数削減と一票の格差是正を目的とした公選法の一部改正法案の今後の審議日程などについて話がありました。とにかく、熊本地震の被災地の速やかな人命救助とライフラインの復旧がのぞまれます。

JR高槻駅北口バスターミナルで朝の挨拶を行いました。7時前から、陽射しは強かったですが、風が強く、冷たく、肌寒い朝でした。1月に視察でお世話になった熊本で震度7の地震、謹んでお見舞い申し上げます。

書籍「いま、公明党が考えていること」を読了しました。作家の佐藤優氏と公明党山口代表との対談集です。本書は、第一章 公明党はいかなる存在か、第二章 公明党の「平和主義」の本質とは何か、第三章 軽減税率と中小企業対策、第四章 福祉の党「公明党」が描く日本の未来、第五章 地方創生と震災復興からなり、佐藤氏が公明党の真実に迫りながら、山口代表と忌憚のない対談が行われています。佐藤氏は「公明党について論じるということは、同時に日本と世界について論じることである」と述べるなど、長年連立政権を担ってきた公明党への高い評価や期待がうかがえます。また、山口代表は、あとがきで、言下の日本政治が直面する課題として、「①政権を安定させて本格的な政策課題を取組まなければならない、②衆参ともに一票の格差が違憲状態を脱した安定した選挙制度の下で構成されること、③人口減少、少子高齢社会に本格的に取組むこと、④国際社会と協調しながら相互に支え合っていくこと、⑤憲法を改正する場合には、国会で議論を尽くして、国民の十分な理解を得て、その機運を熟成させることである。」を取り上げていますが、この5項目こそ、「いま、公明党が考えていること」をフォーカスしているのではないかと思います。佐藤氏は、「山口氏と私のタブーなき対談を読んで頂ければ、『衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆とともに死んでいく』とのフレーズに要約された公明党の価値観が、発展し、勝利に勝利を重ねていることを理解いただけると思う。」と述べていますが、本書は、公明党への理解を深めることはもとより、これからの日本の羅針盤の役割を果たす必読書であることを確信しました。

JR高槻駅北口バスターミナルで朝の挨拶を行いました。雨が降りそうで、肌寒い朝でした。通学する学生が多くなった感じがしました。寒暖差が大きい時期ですので、体調管理に気をつけましょう‼️

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp