menu

11月20日(金)付公明新聞の北斗七星欄を読み、すぐに本屋で買い求め一気に読み終えました。豪商三井家から17歳で大坂の両替商加島屋に嫁いでから、主人公の「9転10起」の人生が始まる。加島屋倒産の危機、活路を見出そうとした炭鉱での爆発事故、死の病の肺結核や乳癌など八方塞がりの状況にありながら、その苦難をすべてプラスのエネルギーに変えることができる主人公の不屈の精神力に感銘。その結果として、加島屋の再興、銀行設立、日本初の女子大学の創立、保険会社設立などを見事に成し遂げ、不世出の女性実業家として名を世に轟かせることになる。人生を生き抜いていくうえで勇気を与えてくれる一書である。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 三井 泰之
ysmi630312@yahoo.co.jp