水戸市議会議員 高倉富士男のホームページへようこそ!

安心のまちづくりに全力! 日々の活動を発信します

街頭演説会を開催~平和を守るために全力!

公明党 地方創生 未分類 防災 青年 / 2016年5月5日

5月5日、水戸市内で公明党茨城県本部(井手義弘代表・県議)の街頭演説会を開催。同演説会には、髙﨑進県本部幹事長(県議)や高倉富士男をはじめとする市議、町議が参加しました。

gaitou160505

井手県代表は、昨年成立した平和安全法制の意義について言及し、今回の法整備は抑止力を高め、戦争を未然に防ぐためのものであると力説。その上で、「公明党は、国民主権、基本的人権の尊重、恒久平和主義の憲法3原理を将来にわたり堅持し、国民の平和と生活を守っていく」と訴えました。

また、各議員からは、地方創生に向けた施策の推進、防災力の強化、女性・青年政策の推進、子育て支援の充実などの取り組みを報告。今後も公明党の国と地方のネットワークを最大限に活かし、暮らしの安心・安全をさらに向上させるべく全力を尽くすことを訴えました。

公明党茨城県本部新春の集いを開催

公明党 参院選 地方創生 防災 / 2016年1月23日

komei ibaraki1月23日、水戸市内で「公明党茨城県本部新春の集い」を開催。公明党より山口那津男代表、石井啓一国交大臣、長沢ひろあき参院議員(参院比例区予定候補)が出席したほか、来賓として橋本昌知事をはじめ県内の衆参国会議員、市町村長、企業団体の責任者など約700人の方々をお迎えし、地方創生や本格的な景気回復、そして夏の参議院選挙の与党勝利を誓う会合となりました。

yamagutinatuo挨拶に立った山口那津男公明党代表は「現在の自公連立政権が発足して3年が過ぎ、デフレ脱却をめざして着実に取り組んできた。今後はこの成果を少子高齢化を乗り切る施策に及ぼし、新しい歩みを進めていく」と語りました。
また、「本年は、本格的な経済成長と地方創生を目指すとともに、外交の年でもあり、5月に伊勢志摩で開催されるG7サミットの成功や日中韓の友好交流にも拍車を掛けていく。そのために、自公政権を安定させ政策を前に進める努力していきたい。」と述べ、さらに「
本年夏は参院選が行われる。今から60年前、われわれの公明党の前身の先輩が無所属で参院選に初めて出馬した。まさかが実現と謳われた大阪の選挙戦。これらを原点として、公明党は庶民の声を政治に届ける国政と地方とのネットワークを築いてきた。この大事な資産を大衆のために生かす闘いを、今年も貫いてまいりたい。」と参院選へ絶大な支援を呼びかけました。

 

ishiikeiitiまた、石井啓一国土交通大臣からは「昨年9月の関東東北豪雨では、現地で『まさか鬼怒川が決壊するとは思わなかった』との声を多く伺った。平成32年度まで6年間で600億円を投じて鬼怒川の河川改修を集中的にやり遂げることした。あわせて、避難のあり方、情報提供などソフト面にあたっても整備していきたい。来年度は、圏央道が完成することとなった。茨城県はこの圏央道整備に多くの予算を割いてきたが、今後は他の国道整備などにも重点的に予算を担保していきたい。また、海外からの観光客が2000万人に迫る勢いとなっているが、茨城県にも多くの外国人観光客が訪れるよう努力したい。」と語りました。