水戸市議会議員 高倉富士男のホームページへようこそ!

安心のまちづくりに全力! 日々の活動を発信します

水戸市消費生活条例が施行されました

お知らせ 公明党 政策提案 水戸市の話題 調査研究 / 2014年4月18日

「水戸市消費生活条例」が3月定例会で可決、制定され、4月1日から施行されました。

このたびの条例では、多様化・複雑化する消費者被害を防止するため、消費者施策の推進にあたっての行政の責務はもとより、事業者、関係団体、消費者それぞれの責務も明らかにしました。

 

水戸市消費生活センターで消費者被害の状況等を伺う

また、「消費者市民社会」の実現に向け、消費者が自らの利益の擁護と増進のために自主的かつ合理的に行動できるよう、自立を支援するための「消費者教育」の推進も掲げられています。

さらに、不当取引行為が認められた場合、市独自で関係する事業者に対し、指導、勧告、公表ができることになりました。

 平成24年に「消費者教育の推進に関する法律」が施行され、消費者教育を充実したものにしていくための取組を行っていくことが求められております。

近年、消費生活と経済社会との関わりが多様化・複雑化し、地域・家庭のつながりが弱まる中、消費者トラブルも多様化・深刻化しています。このような状況に対して、消費者が消費者被害・事故に遭わないよう、自ら進んで知識を修得し、情報を収集することが不可欠です。

 

消費者の自立には消費者教育が重要

さらに、公正かつ持続可能な社会を形成するには、消費者が、自らの意思決定や消費行動がもたらす影響と消費者の社会的役割を自覚し、行動することの重要性が、ますます高まっています。

ひとりひとりの消費者が、自立した消費者となり、「消費者市民社会」を構成する一員として主体的に参画し、その発展に寄与していくためにも、本条例が果たす役割は大きいといえます。

9月定例会で代表質問

公明党 政策提案 水戸市の話題 要望 議会活動 議会質問 震災復興 / 2013年9月11日

9月4日から平成25年第3回水戸市議会定例会が始まりました。

高倉富士男は11日の本会議で代表質問に臨み、防災・減災対策、待機児童対策、雇用創出のための企業誘致、スポーツツーリズムを通じたまちの活性化など、9項目にわたり水戸市の取り組みを質しました。

 

【質問項目】

1.市長の政治姿勢について

 (1)公約の実現に向けたこれまでの施策の推進と事業執行の評価、並びに今後の取り組みと課題等について

 (2)中長期的な財政運営と公共施設の長寿命化について

 (3)防災・減災対策のさらなる強化について

 (4)保育所待機児童解消のための取り組みについて

 (5)水戸市療育センターの整備について

 (6)新たな雇用創出のための企業誘致策とトップセールスについて

 (7)スポーツツーリズムを通じたまちの活性化について

2.教育行政について

 (1)いじめ防止対策推進法施行後の取り組みについて

 (2)全国学力テストの結果と今後の学力向上策について

水戸市が成人の風しん予防接種の一部公費助成を決定

お知らせ 未分類 水戸市の話題 / 2013年5月16日

風しんの患者数が既に昨年の報告数を上回り、全数報告疾患となった平成20年以降、最も早いペースで増えています。

そのため水戸市では、6月から、風しんにかかったことがなく予防接種歴のない妊娠前の女性と妊娠中の妻を持つ夫を対象に、予防ワクチンの一部公費助成を行うことを決定しました。

今回の風しん流行は、過去に定期予防接種の機会がなかった世代を含む30代から40代の男性を中心に広がっています。

風しんの拡大により、赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害を引き起こす「先天性風しん症候群」が起こる可能性が危惧されており、その対策が急がれていました。

 

【成人の風しん予防接種に対する一部公費負担の実施について】

 

○助成対象者

妊娠を予定または希望している女性(妊娠している人は除く)

妊娠している女性の夫(児の父親)

いずれも、接種日現在水戸市内在住で、これまでに風しんに罹患したことがなく、また風しんの予防接種を受けたことのない人に限ります。

○実施期間

平成25年6月1日〜平成26年3月31日

○公費助成額

風しん単独ワクチンの場合3000円

麻しん風しん混合ワクチンの場合5000円

いずれか1回分を負担します。

○遡及措置について

平成25年4月1日〜5月31日の間に、助成対象者で風しんの予防接種を実施した人に対し、上記金額をさかのぼって補助します。

○問合せ先

水戸市保健センター(029-243-7311)

公明党水戸市議会ニュースを発行

お知らせ 公明党 政策提案 水戸市の話題 調査研究 議会 議会活動 議会質問 / 2013年4月29日

公明党水戸市議会ニュース(議会報告) 

平成25年度第1号を発行しました。

公明党水戸市議会ニュース 平成25年度 第1号 表面 

公明党水戸市議会ニュース 平成25年度 第1号 裏面

国土交通相に要望

水戸市の話題 要望 調査研究 議会活動 震災復興 / 2013年3月4日

3月4日、高橋靖水戸市長、渡辺政明水戸市議会議長、水戸市議会の議員メンバーとともに国土交通省を訪れ、太田昭宏大臣、梶山弘志副大臣と会談、那珂川改修事業等についての意向調査と予算要望をおこないました。

水戸市内を流れる那珂川沿岸については、集中豪雨の影響による氾濫で度重なる被害が起きており、災害の再発防止のために堤防整備などの早期実現が望まれています。

また併せて、災害発生時や復旧時の緊急輸送路の役割を担う高規格幹線道路の建設促進について、東関東自動車道水戸線の全線早期開通や、東京方面限定のハーフインターチェンジとなっている常磐自動車道水戸北スマートインターチェンジについても、早期のフルインターチェンジ化を要望いたしました。

大臣、副大臣とも国会会期中の大変忙しい中でしたが、時間を割いて水戸市の要望にしっかり耳を傾けてくださいました。また、石井啓一公明党政調会長、田所よしのり衆議院議員も同席していただき、要望への力強い後押しをしていただきました。

太田大臣からも前向きに検討していく考えが示され、事業の一層の促進が図られるものと期待しています。

市役所本庁舎整備についての水戸市の方針が示されました

お知らせ 水戸市の話題 議会 震災復興 / 2012年11月5日

5日、水戸市議会の市役所本庁舎の整備に関する調査特別委員会が開かれ、高橋靖市長から「本庁舎と消防庁舎及び水道部庁舎は一体化し、現在地への建替えを行うこと」が最も望ましいとの考えが示されました

水戸市役所本庁舎は昨年の東日本大震災で大きな被害を受け使用不能となりました。そのため、市では三の丸の旧県庁舎跡地の一部を県より借用し、市民窓口を集約したプレハブ臨時庁舎を設置するなどの対応をしていますが、現在も市役所機能が8カ所に分散しているという状況が続いています。   

 
 
 

震災により使用不能となった市役所本庁舎

水戸市議会においても、特別委員会を立ち上げ

(1)現庁舎の耐震改修
(2)現在地での建替え
(3)新たな場所での建替え

の3案を中心に今後の本庁舎の整備のあり方についての検討を重ね、そうした論議を踏まえ、10月16日に開催された特別委員会では各会派から庁舎整備に関する総括的な意見がそれぞれ述べられました。

庁舎再建にかかる費用負担については、建替えの場合、国の新たな財政措置制度により約83億円程度交付される見通しで大幅な負担軽減が見込めるものの、現在地以外に移転する場合、新たな用地確保に時間がかかり、また用地の費用負担の問題などがあるため、「現在地建替え」の案で大筋一致していました。

今回の市役所本庁舎整備の検討にあたって本市では、市民1万人アンケートの結果なども参考に

(1)災害時の安全性及び機能性
(2)経済性及び耐久性(財政運営への影響の抑制)
(3)利便性及びアクセス性
(4)都市構造上の拠点性
(5)迅速性

以上の5つの視点から総合的に判断した、としています。

本日の市長の方針を受け、現在地建替えにおける様々な課題等も検討した上で、議会としての結論を出していくことになります。

ともあれ、震災から1年8か月を経て、ようやく本庁舎整備に関する水戸市の方針が明確となったことは、本市の本格的な復興に向けても非常に大きな一歩であると感じています。

9月定例会が始まります

お知らせ 水戸市の話題 議会 / 2012年8月29日

9月4日(火)から、平成24年第3回水戸市議会定例会が始まります。

 10日、11日、12日、の本会議では代表質問、一般質問が行われる予定です。是非、傍聴にお越しください。

 

【平成24年第3回水戸市議会定例会日程】

9月4日(火) 本会議(提案理由説明)、特別委員会

  5日(水)~9日(日)議案調査

  10日(月) 本会議(代表質問・議案質疑・一般質問)

  11日(火) 本会議(代表質問・議案質疑・一般質問)

  12日(水) 本会議(代表質問・議案質疑・一般質問)

  13日(木) 常任委員会(付託議案審査)

  14日(金) 常任委員会(付託議案審査)

  15日(土)~17日(月)議案調査

  18日(火) 特別委員会

  19日(水) 特別委員会

  20日(木) 特別委員会

  21日(金)~23日(日)議案調査

  24日(月) 本会議(委員長報告・議了)

※なお、本会議の模様はインターネットで中継(ライブ中継・録画中継)されます。常任委員会は録画中継のみの放映となります。

※特別委員会…決算特別委員会、水道事業会計決算特別委員会 

ピースプロジェクト公演~語り継ぐことの大切さ

水戸市の話題 / 2012年8月13日

12日、水戸市内にあるライブハウスで開催された「ピースプロジェクト公演 ハートtoハート 思いをつなげよう!~水戸が燃えたあの日」の2日目の公演を観てまいりました。

 

水戸空襲を体験された、塩谷みとりさん、佐藤隆男さんの語り部のお話、水戸二高の生徒さん達による水戸空襲の手記の朗読、地元を中心に活躍しているYESBANDの皆さんによる演奏、常磐大生を交えたトークなどが行われました。

 

終戦間際の昭和20年8月2日未明の米軍による大規模な空襲により、多くの死傷者が発生し、水戸の街も焦土と化しました。この悲惨な事実と平和への思いを次の世代に伝えていこうと、今回、語り部の方々と若い人達がコラボしてライブハウスを舞台に行うという初めての試みでしたが、出演者の平和と希望の熱く力強いメッセージが参加した多くの方々に伝わってきました。

 

語り部のお一人で、当時三の丸国民学校の教師をされていた塩谷さんは、凄惨な体験談の最後に「終戦直後の焼け野原となった水戸の街で、煤けた大銀杏の樹から新芽が出ているのを見て、一歩前へ進んでいかなければ、との思いを強くしました。」と語っておられました。

どんなに苦しくても、希望は必ずあるとのお話しは、震災からの復興を目指す私達に大きな勇気を与えてくれるものでした。

間もなく8月15日の終戦の日を迎えます。こうした機会に、あらためて一人一人が、戦争の悲惨さと平和の尊さを考え、語り継いでいくことが大切だと感じます。

復興・振興元年!第52回水戸黄門まつり

水戸市の話題 / 2012年8月6日

8月3日(金)から5日(日)の3日間、水戸の夏の風物詩「水戸黄門まつり」が開催されました。

3日の夜は開幕を告げる花火大会が千波湖畔で開催され、約4,500発の花火が湖面を彩りました。

 

4日、5日も水戸の上市・下市を中心に、水戸黄門パレード、山車巡行、市民カーニバルなど様々なイベントが賑やかに繰り広げられ、水戸のまちが熱く盛り上がりました。

3月定例会が始まります

お知らせ 水戸市の話題 議会 / 2012年3月3日

3月7日から、平成24年第1回水戸市議会定例会が開会します。

今定例会から、これまで臨時議場として使用していた五軒町の「みと文化交流プラザ」から、水戸市本庁舎前駐車場(水戸市中央1丁目4番1号)に開設したプレハブ棟の「議会臨時庁舎」に会議の場所を移して開かれます。

本庁舎駐車場に開設した議会臨時庁舎

 

13日(火)、14日(水)、15日(木)の本会議では代表質問、一般質問、議案質疑が行われる予定です。

2階の議場にはこれまで通り傍聴席も用意されています。

是非、傍聴にお越しください。

 

【平成24年第1回水戸市議会定例会日程】

3月7日 本会議(提案理由説明)

8日~12日 議案調査

13日 本会議(代表質問)

14日 本会議(一般質問・議案質疑)

15日 本会議(一般質問・議案質疑)

16日 常任委員会(付託議案審査)

17日~18日 議案調査

19日 常任委員会(付託議案審査)

20日 議案調査

21日 常任委員会(付託議案審査)

22日 議案調査

23日 本会議(常任委員長報告・議了)

 ※なお、本会議の模様はインターネットで中継(ライブ中継・録画中継)されます。常任委員会は録画中継のみの放映となります。