水戸市議会議員 高倉富士男のホームページへようこそ!

安心のまちづくりに全力! 日々の活動を発信します

新型コロナウィルス感染症対策に関する緊急要望

公明党水戸市議会 新型コロナウィルス 要望活動 / 2021年1月27日

1月27日、公明党水戸市議会より高橋靖水戸市長に対し新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望を行いました。

youbou210127-1

年明け以降も新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、感染症対策の決め手と期待されるワクチン接種をどのように進めていくかが大きな課題となっています。

接種の実施については、国において安全性が確認され薬事承認された後、医療従事者などの優先接種対象者より順次進められる予定ですが、水戸市においても円滑な接種が進められるよう、また、市民の皆様が安心して接種を受けられるよう、今後も行政と緊密に連携しながら推進してまいります。

 

 

新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望書

 

新型コロナウイルスの感染拡大が猛威を振るう中、茨城県は独自の緊急事態宣言を発令しました。感染の終息はいまだ見通せない状況にあります。海外では新型コロナワクチンの接種がスタートし、国内では2月下旬までに接種を開始できるよう準備を進めるとの、政府方針が示されました。

一方で円滑なワクチン接種に向けては、課題が山積されております。性能を保持するための超低温による保管が必要なものもあり、ワクチンの保管体制の確保、感染防止対策を含めた接種場所の調整など綿密な計画が必要です。さらに対象者へのクーポン券の送付作業など、これまで経験したことのない大事業です。そのため公明党は、党内にワクチン接種対策本部を設置し、全国の地方議員と国会議員が連携を図り政府の取り組みを支えていきます。

水戸市において、混乱なく接種できるよう準備を進め、万全な接種体制整備を図ることが必要です。よって下記の項目について緊急要望します。

 令和3年1月27日

 水戸市長 高橋 靖 様

公明党水戸市議会

 

  1. コロナ収束の決め手となるワクチン接種を円滑に進めることを最重要課題である。希望者全員を対象として集中的に行われる前例のない大規模な事業であり、国や茨城県としっかりと連携を図り、失敗は許されないとの強い覚悟を持って準備を行うこと。
  1. 水戸医師会や関係機関等と十分に協議・連携を図り、ワクチンの輸送体制、接種場所や実施人員の確保などについて万全の準備を図り、円滑な接種体制の構築を図ること。
  1. 市民に対しては、ワクチンの有効性や安全性、接種までの手順などの情報を分かりやすく発信すること。さらに、接種予約の手続き等についてもスマートフォンの活用など市民にとって簡便な手法の導入を図ること。
  1. 市民からのワクチン接種に関する問い合わせに対応する相談窓口やコールセンターなどを設置し、必要な予算や人員確保に万全を期すこと。
  1. 単身赴任者や県外出身の学生など、住民票が水戸市にない方で接種を希望される方などについては、居住地である水戸市において接種できるよう配慮すること。
  1. 高齢者及び基礎疾患を有する方や、障害を有する方などが居住する施設等の従事者については、ワクチン接種の優先順位を引き上げるよう特段の配慮を図ること。
  1. 感染者の急増で病床数が逼迫し、自宅や宿泊施設で療養する人が増えているが、症状の急変に対応するための手だてが必要であり、血中の酸素飽和度を測り、体調の変化を把握できるパルスオキシメーターを活用すること。同機器を水戸市で一括購入し、急速な感染拡大の中で、感染者の重症化を防ぐ対策として、入院等の調整も含め自宅で療養・待機しているすべての方に貸与する体制を早急に作ること。
  1. 保健所業務の負担軽減と円滑な業務を行うため、保健師・看護師などの専門スタッフが登録している民間事業者を活用すること。さらに、ワクチン接種のためのサポートスタッフが必要となるため、会計年度任用職員の採用拡充を図ること。
  1. 感染者が増えている20代、30代の若者の行動変容を促す取り組みが必要であり、特に30代以下の若年者への働き掛けが重要であり、SNS(会員制交流サイト)や動画などを活用した情報発信の強化を図ること。また、感染者や、その家族への差別を防ぐ啓発活動を強化すること。