三鷹市議会議員 かすや稔のホームページ

2月3日、市議会全員協議会が開催

未分類 / 2021年2月3日

image0.jpeg
image1.jpeg

本日は、早朝パトロールを済ませ当庁。

市議会全員協議会が開催されました。

コロナウイルス対策を講じ、市側の説明員の抑制を図りつつ開催となりました。
令和3年度予算編成についての内示、説明を頂きました。
一般会計の予算規模は、732億4227万6千円、前年度比で10億5780万円、1.5%増で過去最大規模となる。特別会計は、下水道事業を除いて、372億6343万円
運営の根幹となる市税収入は、リーマンショックの影響により大幅減収となった平成22年度以降最大の減収見込みと。

新型コロナウイルス感染症の影響によるものが大きな要因となり、各種交付金等は前年度を上回る見込み。
その結果、市税及び各種交付金を含めた一般財源総額は、前年度比7億3千6百万円余の減。

保育園待機児対策、従事職員の処遇改善、児童一人一台のタブレット端末信導入等で経常的経費が大幅に上回る。堅調に市税収入の伸びが安定した財政運営を支えてきたものの、減収直面により厳しい予算編成となりました。

1.新型コロナウイルス感染症への対応と支援の継続

2.第4次三鷹市基本計画(第2次改定)に基づく施策信推進
(1)成熟した都市の質的向上をめざす「都市再生」
(2)ともに支え合う地域社会を生み出す「コミュニティ創生」
(3)総合行政による施策の推進

3.持続可能な自治体経営の推進
(1)『都市経営アクションプラン2022』に基づく行財政改革信推進
(2)財政基盤の強化

を柱としながらそれぞれ細部に亘り事業推進をするとの資料記載となりました。

いかに限られた予算を活用しつつもコロナ禍における自治体経営では、事業における選択と集中、市役所としての組織体制の見直しやAI等活用による市民サービスの継続と質の向上、持続可能な自治体としての子育て支援、地域の高齢化進展によるライフラインとしての生活の場であるコミュニティのスマート化と課題の解消等、その全ての根幹には防災・減災の視点が欠かせません。
これまで会派や個人的なら主張してきた点も多く盛り込んで頂いている感想ですが、令和3年の第1回定例会において予算審査特別委員会設置により審議を行わせて頂く予定です。