三鷹市議会議員 かすや稔のホームページ

12月5日その?、交通不便地域の解消へ向けて

未分類 / 2015年12月7日

image1_5.jpg image2_4.jpg

市内のタクシー事業者さんである寿交通さんと都市型交通網整備のコンサルティングを手がけて頂いているMさんのお誘いを頂き、三鷹台団地で開催されたユニバーサル・デザインタクシーの展示会に伺いました。今回は、高齢者の方々に向けての開催。使い勝手を実感して頂く機会となりました。

コミュニティバスの見直しを推進していますが、運行間隔やルート等様々な課題が山積しています。買い物、通院、お出かけ等、市民の皆さんの移動手段の確保と拡充が喫緊の課題としてある三鷹市。
市議会議員としても、ドア・ツー・ドアで移動出来る、オンデマンド交通の導入を訴えてきましたが、タクシーとバス、法律の規制により、中々解消すべき課題が多くあります。

これからの超高齢社会と人口減少時代における公共交通網整備は、どこの自治体でも大きな問題となっています。コミュニティバスが身近な地域に入ってこないエリアでは、タクシーがその補完機能を担う以外にはないと考えられます。
そうした中、セダンタイプではない、ワゴンタイプで、車イスや足腰に不安をお持ちの高齢の方々にも使い易いユニバーサル・デザインタクシーの普及が今後予想されます。

今後、トヨタもこうした車両を販売していく様ですが、現在は日産自動車のワゴンタイプのタクシーが主流となっています。写真の車は、市内のタクシー事業者さん、寿交通さんが導入した車両です。なおかつ、コンサルティングをして頂いているMさんは、日産自動車でこの車両の開発を手掛けた方。何とか普及させ、都市における移動手段の確保に向けて、事業展開を頑張っていらっしゃいます。

三鷹台で、集まって頂いた高齢者の皆さんも、車イスでも安心して利用出来、こうした車両を是非利用したい旨のご意見が多く聞けました。

次回は、子育て世代のママさん達に向けて、車両の展示会を予定されているとの事。三鷹市でも早く普及させたいと思います。