menu

IMG_6138[1] IMG_6137[1] IMG_6140[1]

公明党目黒区議団は、10月8日に、青木英二目黒区長「令和3年予算要望」を提出しました。

青木区長、荒牧副区長、関根教育長と懇談し、区民の皆さまの声を届けました。

ウィズコロナ、ますます公明党は「現場第一に徹し」国と東京都と区と全国のネットワークで団結してまいります!

IMG_5990[1] IMG_5985[1]IMG_E5988[1] IMG_E5987[1] IMG_E5989[1]

ずっとご要望を受けていましたが、お待たせしました!

目黒区役所内1階エレベーター前の「喫煙室」が「授乳室」になりました。

煙草の臭いの心配がないようにして完成し、喜びの声をいただきました!

飲食やおむつ替えは出来ませんが、2部屋ありますので、安心して授乳にお使いください。

後、一般質問しました、「目黒オリジナルエコバッグ」に引き続き、障がい者施設とコラボして、SDGsの推進の為の「マイ箸」も実現して、区役所内の1階「フードコミュニティめぐろ」お弁当販売(月・火・木)の時と本町福祉工房1階「サンマルシェ」で販売中!

是非お買い求めください!

IMG_E5938[1] IMG_E5920[1]IMG_5919[1]IMG_E5936[1] IMG_E5933[1]

公明党全国大会が開催され、党代表に山口なつお代表が再任

石井啓一幹事長、竹内譲政調会長等の新執行部が承認されました。

山口なつお代表はあいさつで「政治に求められているのは、新型コロナウイルス感染症の脅威から国民の命と健康、生活を守ることだ。感染拡大防止と社会・経済活動を両立させ、国民の安全・安心を取り戻し、再び発展、繁栄への道筋を切り開かねばならない」とと述べ、コロナ禍の克服に総力を挙げると強調しました。

来賓として菅首相(自民党総裁)が出席して挨拶。

石井幹事長から、は、党勢拡大の取り組みでは、コロナ禍を受け、人や地域のつながり・絆の再構築に取り組まなくてはならないとし、全議員が住民一人一人の切実な声に耳を傾ける「1対1の対話運動」に徹していくと強調。

竹内政務会長からは、ポストコロナを希望と安心の時代へと変革する新たな政策ビジョンとして、

重要政策「“つながり””支えあう”社会へ」を発表。

①新たな日常の構築

②全世代型社会保障

③防災・減災・復興を社会の主流に

④ポストコロナの成長戦略

⑤地方再生

⑥環境・エネルギー

⑦重要課題への対応

の7項目を立て、政策を掲げました。

 

IMG_5783[1] IMG_5839[1]IMG_5840[1]

議員になる前から大変にお世話になっていた、公明党の山本ひろし参院議員が、このたび厚生労働副大臣に就任。

障がいのある娘さんがいらっしゃり、特に障がい者施策については、いろいろと教えて頂きました。

弱い立場の方々の小さな声を聴き、行動力バツグンの山本ひろし議員!

これからも、しっかりと連携をとって、障がい者施策を進めてまいります。(※一緒の写真は雅叙園の賀詞交歓会)

IMG_E5604[1]IMG_E5751[1] IMG_5756[1] IMG_5757[1] IMG_5758[1] IMG_5760[1]

9月16日から25日まで「決算特別委員会」が始まり、1日中本会議場です。

公明党から代表で、山宮きよたか区議総括質疑。

私は総務費でSDGsの理念がポストコロナの羅針盤になる為「SDGsの見える化」をして新しい生活様式のスタートをすべき!と

避難所はコロナにより3密を避ける為、ますます在宅避難の備蓄の啓発が重要になる為「在宅避難について」質疑しました。

環境費で再度「フードドライブ」の受付窓口を常設について質疑します。

フードコミュニティめぐろの美味しいお弁当で、エコ推進の「マイ箸」も販売中!

今日は、公明党女性議員のズーム研修会で、東京中央大学山田教授による「日本で少子化対策はなぜ失敗したのか」の講義を受けました。松葉多美子都議高木美智代衆院議員より挨拶がありました。

 

IMG_5725[1] IMG_5726[1] IMG_5732[1]IMG_5727[1]

目黒区議会からインターネット議会中継を検索してご覧ください。

令和2年第3回定例会7日の一般質問の、映像動画が配信となりました。

実現するよう、これからが「スッポンのいいじま」のスタートです!!

RGOC9747[1]IMG_E5580[1] IMG_E5592[1] IMG_E5591[1]

公明党からは、9月7日はいいじま和代。今日は関けんいち区議が、代表で「一般質問」を行いました。

私は1、ウイズコロナにおける子どもの「ストレス・いじめ予防」について

     (1)コロナ禍の中、医療従事者はじめ現場で働く方や感染者家族の方々への差別や偏見等のないよう、子どもたちへの対応       を伺う。

     (2)長期にわたるコロナ禍で、子どもたち「心とカラダのチェックリスト」を行い、不安や恐怖を和らげる「ストレスを学       ぶ授業」が必要。

     (3)子どもたちのストレスによるいじめ問題が増加する前に、いじめにあった時や見た時にとるべき行動を、学校全体で取       り組む「子どものいじめ予防プログラムトリプル・チェンジ」を取り入れるべき。

   2、ウイズコロナにおいて目黒区ができる「SDGs」について

     (1)ウイズコロナにおいて「環境問題を守りはぐくむまちめぐろ」はどのように推進するのか伺う。

     (2)「目黒区オリジナルエコバッグ」に引き続き、マイ箸、マイボトル等の推進を障がい者施設とコラボして、さらに推進        すべき。

     (3)「食品ロス」の削減の取り組みとして、まだ食べられるのに無駄になってしまう食品を引き取り、必要としている人達       に渡す活動をしているフードバンクに寄贈する「フードドライブ」の受付窓口を常設すべき。

関区議は1、高齢者の住まい確保

    2、子育て支援の在り方について

    3、障がい者やご家族の新型コロナウイルス感染症防止対策

IMG_5569[1] IMG_5572[1] IMG_5574[1] IMG_E5575[1]

明日9月7日(月)第3回定例本会議にて「一般質問」を行います。

1、ウィズコロナにおける子どもの「ストレス・いじめ予防」について

2、ウィズコロナにおいて目黒区ができる「SDGs(環境問題)」について

※一般質問2番目です。LIVE中継でご覧いただけます。

IMG_5507[1]IMG_5492[1] IMG_5493[1] IMG_5497[1] IMG_5503[1]IMG_5502[1]

目黒区総合庁舎の大会議室にて、「感染症対策を踏まえた非開設のデモンストレーション」が実施され、多くの報道陣が集まりました。

目黒区では、大地震や風水害などの自然災害と新型コロナウイルス感染症拡大との複合災害に備え、災害時の避難所運営を円滑に実施するための「避難所における新型コロナウイルス感染症対策マニュアル」を策定するとともに、各地域避難所及び福祉避難所に感染予防のための資機材(避難所用屋内型テント・段ボールベット・マスク・手指消毒剤・非接触型体温計等)の配備を進めています。

IMG_5480[1]IMG_5479[1]IMG_5474[1] IMG_5475[1] IMG_5477[1] IMG_5481[1]

さまざまな団体の皆さまから、ご要望をお伺いしました。9月はこれから始まる本会議、補正予算、決算特別委員会等でしっかりと皆さまの声を届けてまいります。

いいじま和代区政だより23号のポスティングもやっと終わりました。

「暑い中ご苦労様!体に気を付けてね」等たくさんの励ましの声をありがとうございました!

小学生の子どもたちに「ポスターのいいじま和代さんですよね!サインしてください!お母さんが応援してました!」との声に元気パワーをもらいました!

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
目黒区 飯島和代