menu
バックナンバー 2021年 3月

IMG_9277[1]IMG_E9300[1] IMG_E9301[1] IMG_9278[1] IMG_9281[1] IMG_9282[1]

祐天寺駅の「ラフラフコーヒー」で出逢った東京バレエ団のソリストブラウリオアルバレス東京バレエ団アーティスト南江祐生が、京都亀岡にて「クニトコタチ」平和へのいのりを舞います!

日本の伝統文化芸術と現代芸術界で異彩を放つ芸術家たちが集結!応援してます!

5月26日からは動画配信されます。是非、ご覧ください。

公明党の浮島とも子衆院議員は元々バレリーナで、「文化芸術の灯は消さない。財務省との戦いで文化芸術予算を勝ち取りました!」

文化芸術が人の心を豊かに元気にします!子どもたちに、もっと本物の文化芸術に触れて欲しいです。

公明党文化芸術の推進に全力で取り組んで参ります!

 

文化芸術の灯は消さない。財務省との戦いで勝ち取った文化芸術支援予算。
元バレリーナの衆議院議員 浮島とも子

IMG_9303[1]IMG_E9274[1] IMG_9294[1] IMG_9292[1]IMG_E9299[1]

本会議最終日。公明党区議団を代表して令和3年度一般会計予算の賛成討論を行いました。

台湾支援のために日台友好目黒区議員連盟において台湾産パイナップルを購入し、北台駐日経済文化代表処の方々と交流。

「東京都一斉帰宅抑制推進モデル企業」に選ばれた積水工業公明新聞の取材に、斉藤やすひろ都議と川畑記者と行き、金子社長にいろいろと会社の災害対策への取り組みについて話を伺いました。

予算特別委員会でも訴えましたが、是非この東京都一斉帰宅抑制推進モデル企業を目黒区に増やし、災害に備えていきたいと思います。

IMG_9064[1]IMG_9076[1]IMG_9075[1]IMG_E9166[1]IMG_E9219[1]

公明党総支部長斎藤やすひろ都議を中心に目黒の女性委員の皆さんと「コロナ禍における女性の負担軽減に関する緊急要望」を区長に提出しました。

今、世界各国で女性の月経に関する「生理の貧困」が問題となっています。目黒区において、誰一人取り残さない社会を実現するために、1日も早く、このような女性の負担軽減に取り組んで頂くよう医科要望しました。

1、防災備蓄品の生理用品を必要な方に配布してください。

2、配布に関しては利用しやすいように、ネット申請や郵送も可能にしてください。

3、防災備蓄品等の食料もあわせて生活困窮者に配布してください。

4、区内の小・中学校や公共施設等の個室トイレで生理用品を無償で提供する事を検討してください。

予算特別委員会においても強く訴えさせて頂きました。

公明新聞にも公明党本部の議員、党員が全国各地で緊急要望を展開させている事が掲載されました。

生活困窮者の女性支援として、1日も早く実現できるよう頑張ります!

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
目黒区 飯島和代