menu
バックナンバー 2020年 11月

IMG_7068[1]IMG_7062[1] IMG_7055[1] IMG_7057[1] IMG_7058[1]

公明新聞に目黒区の「障がい者通所施設時間延長」の記事が掲載されました。

公明党総支部事務所にて、産後ドゥーラ協会の梁川妙子理事(元中野区議)と前中野区田中区長山本ひろし厚生労働副大臣、斎藤やすひろ都議、武藤幹事長と産前産後の女性支援で意見交換を行いました。

<ドゥーラとは>出産する女性に寄り添い、生活に必要なさまざまな世話をする存在。語源はギリシャ語で「他の女性に寄り添い、支援する経験豊かな女性」

目黒区では、川原のぶあき区議が、「産後ドゥーラについて」一般質問しました。

公明党のネットワークを活かし、産後の母子を守るために団結して頑張ります!

 

IMG_6895[1]IMG_6904[1]IMG_6921[1]IMG_6920[1]

11月17日公明党結党56年記念日

斎藤やすひろ都議の「都議会公明党ニュース」をパウチして「公明党掲示板」貼り換えにピンクの自転車で地域を回りました。

たくさんの方々に出会い「頑張って!」と声をかけて頂き感謝です。

参議院の厚生労働委員会で公明党の矢倉参議院議員産後ドゥ―ラの必要性について質疑しました。

厚生労働大臣、厚生労働副大臣より前向きな答弁がありました。

目黒区においても、産後の母子を守るために、公明党のネットワークでしっかりと推進してまいります!

公明党東京都本部の女性部会zoomによる勉強会。テーマ「学校トイレの感染症対策」に参加。

IMG_E6725[1] IMG_E6728[1] IMG_6740[1]

日本禁煙推進医師歯科連盟の齋藤麗子先生(十文字学園女子大学教授、健康管理センター長)と「改正健康増進法等の全国周知と実施状況調査に関する要望」を持ち、山本ひろし厚生労働副大臣室に表敬訪問に同行。

厚生労働省健康局健康課女性の健康室長、安全衛生部化学物質対策課室長はじめ皆さんに話を聞いていただきました。

周知・啓発活動や実態調査について、厚労省としてもさらに取り組んでいくとの事。

平成28年の予算特別委員会の総括質疑で質疑し「子どもを受動喫煙の害から守る」禁煙マークは、目黒区内の児童遊園やひろば、遊び場等の61ヶ所に掲示されました。

今後も、子どもたちを受動喫煙の害から守るため、国と東京都としっかり連携して頑張ります!

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
目黒区 飯島和代