menu

IMG_7659[1]IMG_7660[1]IMG_7655[1]首都圏直下地震などの大規模災害に備え、目黒区は東京都葬祭業協同組合の目黒支部とひつぎや葬祭用品の供給、遺体搬送などの「災害時協力協定」を締結しました。

公明党目黒支部斎藤やすひろ都議会議員(写真中央)が橋渡し役を担いました。

災害時協力協定は、万が一に備えて

①ひつぎや葬祭用品の供給

②遺体安置施設の提供

③遺体搬送ーなどに関し、事前に円滑な協力体制を取り決めるのが目的。

東葬協目黒支部から東日本大震災の教訓を踏まえ、「いざという時のために、日ごろからの連携が重要」という話を受けた公明党目黒総支部の議員が区に働き掛けて実現しました。

2017年3月22日の公明新聞に掲載されました。

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
目黒区 飯島和代