menu
バックナンバー 2013年 11月

本日は佐藤ゆたか区議の一般質問

1、目黒区が目指す「心のバリアフリー」について

2、地域避難所の拡充等について

上四児童遊園の近隣住民の方々から、落葉の掃除が毎日大変なので木の伐採の要望がありました。

いいじま区政だよりを配布にお伺いしたら、ちょうど伐採しているところで、大変に助かると喜ばれました。

さっそく、みどりと公園課にお礼に行きました。ありがとうございました。

近所の方に「21世紀文明シンポジウム」の参加証をいただき有楽町朝日ホールに行きました。銀座はもうクリスマスでした。

基調講演は「次の大災害を国難としないために」

講師:ひょうご震災記念21世紀研究機構副理事長・人と防災未来センターの河田センター長

基調報告は「東日本大震災の被災体験に基づく教訓」

講師:奥山仙台市長

パネルディスカッション:東北大学震災科学国際研究所平川所長、日本総合研究所調査部主席藻谷研究員、朝日新聞福島渥美総局長

4時間ビッチリ、いろいろ勉強になりました。

○隣の人への声掛けの大切さ。声をかけられたから逃げた人は37%。訓練参加も声掛けて。

○備蓄は3日ではなく10日は必要。

○家具の固定化を徹底する。

<開催趣旨>1995年1月17日の阪神・淡路大震災は、わずか20秒で近代都市を破壊しました。一昨年3月11日の東日本大震災では、津波が高さ10m大防潮堤を乗り越えて人々を襲い、まちをガレキの山へ変えました。減発は今も人々に離散を強いています。

しかも、日本の人口と重要昨日が著しく集中す首都の直下地震、東日本震災の10倍を超える犠牲と経済損失が危惧される南海トラフ巨大地震・津波をはじめ、次なる大震災から私たちの社会は逃れることはできません。国民的な防災意識を高め、しなやかな強さを持つ減災社会を実現するため、21世紀文明シンポジウムを開催しました。

聞けば聞くほど、東京はどうなるんだろうと危機感がつのりますが、まずは、それぞれができる事を行動して欲しいとの話に、自分ができる事を考える良い機会になりました。

祐天寺駅付近を配布中に、自転車の不法駐輪をみはる古内さんに会いました。

「飯島さんはピンクだから、すぐにわかる!」と笑顔満開で言っていただくと、疲れも吹っ飛びます。

寒い中、本当にありがとうございます!くれぐれも風邪をひかぬように気を付けてください。

いいじま区政だよりをお持ちして、いろいろと話をしていたら、ご主人心臓病でなるべくタクシーを使うが、バスや電車に乗って座れないと辛くて大変なのだとの話になりました。

さっそく「ヘルプマーク」を障害福祉課からもらいお持ちしました。

いいじま区政だより6号に、一般質問した内容と「ヘルプマーク」の写真を掲載しましたが、まだまだ推進が必要のようです。

毎朝、雨天意外、朝6時から「トング」でタバコ吸い殻、ジュースやビールの空き缶などゴミ拾いをしてから6時半のラジオ体操で一日をスタートします。

「朝に勝つ!」と気持ちが良いです。

子どもたちが楽しそうに公園で遊ぶ姿を見ると、公園を清掃して良かったと思います。

実は、あるお年寄りの方が、長年ラジオ体操の前にゴミ拾いをしていたので、みどりと公園課でトングを借りてきてお手伝いをしていたら、「若い後継者が出来て本当に良かった」と喜ばれ、他のラジオ体操メンバーからも感謝され、いつのまにか、私の早朝の仕事となりました。

今では公園の外まで気になり、区切りが無い為、どんどんゴミ拾いの範囲が広がってます。

自転車に乗っていても、タバコの吸い殻が目についてしまい、トングを持ち歩きたい今日このごろ。。。

「いいじま区政だより」を配布していたら、わんわんパトロールをしてくれている斉藤さんとサリーに会いました!

サリーは、もう13歳で白内障ですが、しっかりと地域をパトロールしてくれています。感謝です。

 

目黒総合庁舎の南口3階のエントランスに、岩田藤七氏による色ガラスブロックの袖壁の間接照明があります。

岩田氏はガラス作家の先駆者として知られる文化功労者。

この作品も目黒区の宝です!帰りが遅くなり、暗くなって帰る時には、このガラスブロックの輝きに癒されます。

皆さんも、ガラスブロックや「四季」の8つの天窓をキレイと感じる感性で「こころ」を磨きましょう。

目黒区男女平等フォーラム2013 講演&ワークショップ

「違いを生きる力に」子育て、介護、国際化から見る社会

<講師>猪熊弘子さん(ジャーナリスト、4児の母)

ワークショップには参加できず残念でしたが、講演最後の

「違いを認め合う心、人と人がつながり、支え合うことが必要」との言葉に強く共感!

上目黒住区センターにて開会式が行われパレードが出発しました。

パトカー、白バイが先導し、拓殖大学吹奏楽、都立目黒高等学校、区立目黒中央中学校、区立上目黒小学校、祐天寺付属幼稚園鼓笛隊、目黒交通少年団、子りすの会、わの舞、我楽、家庭倫理の会、小中学生、住区住民会議役員、防犯協会婦人部等により賑やかにパレードしながら、交通安全・生活安全をアピールしました。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
目黒区 飯島和代