menu

彫刻家平山先生のアトリエにお伺いしてから、現代彫刻美術館に作品を拝見に行きました。

平山先生の「少女」の作品と見つめ合い、少女の純粋で真っ直ぐな優しいまなざしに触れてきました。

私は画学生時代、女性の「裸体のクロッキー」が大好きで夢中で描いていましたが、アトリエにも彫刻美術館にも裸体がいっぱいあり、人間のありのままの美しさを久しぶりに、何だか描きたくなりました。

忙しい日々ですが、たまには彫刻の中に、一人不思議な空間へタイムスリップするのも大切な時間。

しかし、被災地の親を亡くした子どもたち、放射能問題、一番守るべき我が子への虐待、と課題が山積み!

何をするべきか、何が出来るか、「少女」の彫刻を見ながら、母親として祖母として語りかけながら、考えました。

コメントは受付けていません。

Twitter:いいじま和代
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
目黒区 飯島和代