NHK NEWSWEB/三重 NEWS WEB/2020年07月07日19時30分…より転載!

九州で大雨を降らせている梅雨前線の影響で、三重県内でもこれから8日にかけ大雨が降る見通しで、気象台は、これまでの雨で地盤が緩んでいるとして土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

 気象台によりますと、停滞する梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が非常に不安定となっています。

このため、8日の県内は昼前にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、災害の危険度が急激に高まるところがある見通しです。

8日にかけ1時間に降る雨の量はいずれも多いところで南部で50ミリ、北中部で30ミリと予想されています。

また、8日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで南部で120ミリ、北中部で100ミリと予想されていて、南部では降り始めからの雨量が7月1か月の平年の雨量を超える可能性があります。

県南部では、降り始めからの雨量が300ミリを超えているところもあり、これまでの大雨で地盤が緩んでいることから気象台では、土砂災害に警戒するとともに低い土地の浸水や河川の増水、竜巻などの激しい突風などにも注意するよう呼びかけています。

土砂災害の危険度の高い状態は9日まで続く見込みだということです。

 

警戒

 

NHK NEWSWEB/2020年07月06日18時42分…より転載!

福岡県と佐賀県と長崎県に大雨の特別警報を発表したことについて、気象庁の中本能久予報課長は、午後5時半から記者会見を開き、「特別警報を発表した市町村ではこれまでに経験したことのないような大雨となっている。土砂崩れや浸水による何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高く、命を守るために最善を尽くさなければならない状況だ」と述べました。

そのうえで、「指定された避難場所へ向かうことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた頑丈な建物の上の階などに避難する判断をしてほしい。それすら危険な場合には崖と反対側の2階以上の部屋に移動するなど少しでも命が助かる可能性の高い行動をとることが重要だ。ふだん災害が起きないと思われているような場所でも最大級の警戒が必要だ」と述べました。

また、夜間に状況が悪化するおそれがあると指摘したうえで、「移動の際に危険を伴う場合もあり、まわりの状況をよく確認して最善の行動をとってほしい」と述べました。

中本予報課長は、前線は7日にかけても九州付近に停滞すると説明し、「積乱雲がどんどん発生しては流れ込み、ピークがどこなのか終わりが見えない状況だ。雨の降り方によってはほかの市町村にも特別警報を発表したり、熊本県と大分県でも特別警報を発表したりする可能性がある。特別警報が出されてからの避難は手遅れとなる。発表を待つことなく地元市町村の避難勧告などに直ちに従い、身の安全を確保してほしい」と呼びかけました。

さらに、熊本の被災地や、猛烈な雨が降った九州南部でも再び大雨となるおそれもあるとして、「まわりの状況を確認して安全に避難できるよう心がけてほしい」と警戒を緩めることがないよう呼びかけました。

気象庁

 

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200706/k10012499681000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

NHK NEWSWEB/2020年07月05日20時49分…より転載!

 

過去最多の22人が立候補した東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏(67)が、2回目の当選を確実にしました。

 

現職の小池百合子氏が、立憲民主党、共産党、社民党の支援を受けた日弁連・日本弁護士連合会の元会長、宇都宮健児氏(73)や、日本維新の会が推薦した熊本県の元副知事、小野泰輔氏(46)、れいわ新選組の代表、山本太郎氏(45)らを抑えて、2回目の当選を確実にしました。

 都知事

 

小池氏は兵庫県出身の67歳。民放のニュースキャスターなどを経て、平成4年の参議院選挙で、当時の日本新党から立候補して初当選しました。翌平成5年に衆議院議員に転じたあと、平成14年には自民党に入り、環境大臣や防衛大臣、党の総務会長などを歴任しました。

 

前回・4年前の都知事選挙では政党の支援を受けずに立候補し、自民・公明両党などが推薦した候補らを破って当選し、初めての女性の都知事になりました。

 

今回の選挙でも、小池氏は、政党の推薦や支持は求めませんでしたが、自民党は独自候補の擁立を断念し、二階幹事長が支援する考えを示していたほか、公明党も実質的に支援しました。

 

また小池氏は新型コロナウイルス対応のため、知事としての公務を優先するとしたほか、人が密集することを避ける必要があるとして街頭演説は一切行わず、インターネットを通した運動に徹しました。

 

そして新型コロナウイルスの第2波に備えるため、医療や検査体制を充実させていくことや、来年に延期された東京オリンピック・パラリンピックは簡素化して費用を縮減すると訴えました。

 

その結果、自民党や公明党の支持層に加え、宇都宮氏を支援した立憲民主党の支持層や、特定の支持政党を持たない無党派層などから幅広く支持を集めました。

 

 

小池氏「大切な2期目の重責を担っていく」

小池氏は「都民の力強い支援に対し、大変うれしく感じると同時にこれから大切な2期目の重責を担っていく、その重さに大変責任を感じる。喫緊の課題は何よりも新型コロナウイルス対策で、都民の皆様方の健康と命、暮らしを守っていきたい」と述べました。

 

小池氏は、新型コロナウイルスの対策として再び事業者に休業要請を行う可能性について、「緊急事態宣言下のように一斉にみんなが休むという形ではなく、かなりピンポイントで、全体での休業要請でない効果的な方法を進めていきたいと考えている」と述べました。

 

また「これからすぐ行わなければいけないのは補正予算の編成だ。患者を多く受け入れてた医療機関はいま経営的にも大変厳しい状況にある。これらを、国の補正予算を活用しながら補填(ほてん)していく。そして第2波にも備えながら目下、進んでいることに対して3000億円規模になろうかと思うが、補正予算をしっかりあてていきたい」と述べました。

 

小池氏は、東京オリンピック・パラリンピックについて、「子どもやアスリートは来年に延期されたとはいえ大会を楽しみにして心待ちにしていると思う。ある意味で、コロナに打ち勝った証になることを目標に、コロナ対策を進めていくのも一つだと思う。都民の健康、命を守ることが最優先だが、ひとつのわかりやすい目標になろうかと思う」と述べました。

 

そのうえで「都としてもオリンピック・パラリンピック後のことも考えながらこれまで多大な投資もしてきた。これらをいかすためにも、簡素化したり、いろいろやり方などをIOCと連携したりしながらどのように進めるかを検討し、大会を開催できるよう進めていきたい」と述べました。

 

 小池知事

❒本日10:00より、コロナウイルス感染防止のため自粛しておりました『公明党三重県本部宣伝カー街頭遊説』を再開、松阪市よりスタートしました。

 

松阪市議団3名において、新型コロナウイルス感染症防止対策等についての『公明党』『松阪市』の取り組み等紹介させていただきました。

 

街頭

❒本日、10時より松阪市議会 総務企画常任委員会、建設水道委員会がそれぞれ開催され

 

ました。

 

各委員会ではそれぞれ、挙手全員、または、挙手多数で可決、承認すべきもの、

 

となりました。

 

7月9日(木)、本会議にて議決されます。

 

委員会

 

総務

❒本日、10時より松阪市議会 環境福祉常任委員会が開催されました。

 

環境福祉委員会に付託され、それぞれ挙手全員、または、挙手多数で可決、承認すべきもの、

 

となりました。7月9日(木)、本会議にて議決されます。

 

委員会

❒本会議において2人の議員が、市の行政全般について一般質問を行いました。その後、第3号補正上程、午後から4人の議員が議案質疑を行いました。

 

修了後、議会改革特別委員会作業部会が開催されました。

 

議会

NHK NEWSWEB/三重 NEWS WEB/2020年06月30日19時43分…より転載!

 

低気圧や前線の影響で三重県は1日の明け方にかけて、雷を伴った激しい雨が降って大雨になるおそれがあり、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意・警戒するよう呼びかけています。

 

三重県には低気圧や前線に向かって南からの暖かく湿った空気が流れ込んでいて、前線は30日夜から1日の明け方にかけて県内を通過する見込みです。

県内では降り始めからの雨の量が30日午後4時の時点で熊野市新鹿で90.5ミリ、鳥羽市で77ミリなどとなっています。

県内は1日の明け方にかけて大気の状態が非常に不安定になり、いずれも多いところで南部で40ミリ、北中部で30ミリの雷を伴った激しい雨が降って、大雨になるおそれがあります。

また1日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで南部で150ミリ北中部で120ミリと予想されています。

気象台は今後、警報級の大雨になる可能性もあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するよう呼びかけるとともに、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうなどにも注意するよう呼びかけています。

 

 

県内

 

https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20200630/3070003656.html

❒本会議において6人の議員が、市の行政全般について一般質問を行いました。

 

4日目

NHK NEWSWEB/2020年06月28日19時38分…より転載!

28日はこれまでに東京都で60人、北海道で17人など、合わせて112人の感染が発表されています。

国内で感染が確認された人は、▽空港の検疫などを含め1万8521人、▽クルーズ船の乗客・乗員が712人で、▽合わせて1万9233人となっています。

また、亡くなった人の累計は、▽国内で感染した人が972人、▽クルーズ船の乗船者が13人の合わせて985人となっています。

 

各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で、

▽東京都は6114人

▽大阪府は1821人

▽神奈川県は1462人

▽北海道は1239人

▽埼玉県は1106人

▽千葉県は946人

▽福岡県は845人

▽兵庫県は705人

▽愛知県は526人

▽京都府は375人

▽石川県は300人

▽富山県は227人

▽茨城県は173人

▽広島県は168人

▽岐阜県は156人

▽群馬県は152人

▽沖縄県は142人

▽福井県は122人

▽滋賀県は101人

▽宮城県は94人

▽奈良県は92人

▽新潟県は83人

▽福島県は82人

▽静岡県は82人

▽愛媛県は82人

▽長野県は77人

▽栃木県は74人

▽高知県は74人

▽山梨県は74人

▽山形県は69人

▽和歌山県は64人

▽大分県は60人

▽熊本県は49人

▽佐賀県は47人

▽三重県は46人

▽山口県は37人

▽香川県は28人

▽青森県は27人

▽岡山県は26人

▽島根県は24人

▽長崎県は17人

▽宮崎県は17人

▽秋田県は16人

▽鹿児島県は11人

▽徳島県は6人

▽鳥取県は3人です。

 

このほか、▽空港の検疫で確認された感染者は307人、▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。

 

また、厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、28日時点で、▽国内で感染した人などが45人、▽クルーズ船の乗船者が1人の、合わせて46人となっています。

 

一方、症状が改善して退院した人などは、▽国内で感染した人が1万6506人、▽クルーズ船の乗客・乗員が658人の、合わせて1万7164人となっています。

 

また、今月24日には速報値で、1日に8035件のPCR検査が行われました。

 新型コロナ

公明党広報
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp