NHK NEWSWEB/三重NEWSWEB /2022年08月09日12時28分…より転載!

 

夏の全国高校野球、三重高校は9日大会4日目の第1試合で、神奈川の横浜高校と対戦し、2対4で敗れ、2回戦進出はなりませんでした。

 

2年連続14回目の出場となった三重高校は、2点を追う6回、2アウト二塁のチャンスで3番、野田泰市選手がタイムリーヒットで1点を返し、1点差に迫りました。

先発の上山颯太投手は3回に2点を失ったあとは、打たせて取るピッチングで7回まで好投を見せました。

しかし、8回、2アウトをとったあとに突然、コントロールを崩し、デッドボールとフォアボールでピンチを招くと、タイムリースリーベースヒットを打たれて、2点を失い、点差をさらに広げられました。

打線は最終回、6番の高山亮太選手のタイムリーヒットで1点返す粘りを見せましたが、追い上げは及びませんでした。

三重高校は横浜高校に2対4で敗れ、2回戦進出はなりませんでした。

 

8.9

コメントは受付けていません。

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2022年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp