Archive for 2021年 3月 20日

NHK NEWSWEB/2021年03月20日22時03分…より転載!

 

20日午後6時すぎ、宮城県で最大震度5強の揺れを観測する地震がありました。この地震で、宮城県の沿岸に津波注意報が発表されましたが、その後、解除されました。気象庁は、今後1週間程度は、最大震度5強程度の揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけています。

3.20

 

気象庁によりますと、20日午後6時9分ごろ、宮城県沖の深さ59キロ震源とするマグニチュード6.9の地震が発生しました。

 

この地震で、震度5強の揺れをいずれも宮城県の仙台市宮城野区、石巻市、岩沼市、登米市、東松島市、大崎市、蔵王町、松島町、涌谷町、美里町で観測しました。

 

また、震度5弱の揺れを、岩手県の大船渡市や一関市など、宮城県の仙台市青葉区、仙台市若林区、名取市など、福島県の相馬市、田村市、南相馬市などで観測しました。

 

このほか、震度4を東北や関東甲信越で観測したほか、震度3から1の揺れを北海道や東北、関東甲信越、石川県、静岡県、愛知県、岐阜県で観測しました。

 

この地震で、気象庁は、午後6時11分、宮城県の沿岸に津波注意報を発表しましたが、午後7時30分に解除しました。

 

そのうえで気象庁は、岩手県、宮城県、福島県の沿岸では、地震発生後、半日程度は若干の海面変動の可能性があることから、念のため海岸には近づかないよう呼びかけています。

 

今回の地震の震源付近では、その後も体に揺れを感じる地震が続いています。

 

また、東北では21日にかけて大雨が予想されています。

 

このため気象庁は、今後1週間程度は、最大震度5強程度の揺れを伴う地震に注意するとともに、揺れの強かった地域では落石や崖崩れの危険性が高まっていることから、ハザードマップなどで土砂災害の危険性を確認するよう呼びかけています。

専門家「引き続き注意が必要」

今回の地震について、東北大学災害科学国際研究所の今村文彦所長は「福島県と宮城県で震度6強を観測した先月の地震と同じように、東日本大震災を引き起こした巨大地震の余震と考えられる。津波注意報は解除されたが、湾の奥や入り江では海面の変動が大きくなるおそれがあり、引き続き注意が必要だ」と指摘しました。

 

また「1週間程度は今回と同じ程度の地震が起きるおそれがある。この領域では今回よりもさらに規模の大きな地震が起きる可能性があり、沿岸の近くで発生するとすぐに津波が来るおそれもある」述べ、自宅や職場などからの複数の避難場所やルートを改めて確認しておくよう呼びかけていました。

 

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210320/k10012926531000.html

3.201

 

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp