NHK NEWSWEB/2020年11月05日14時57分…より転載!

 

ことしの「新語・流行語大賞」の候補となる30の言葉が発表され、「新しい生活様式/ニューノーマル」や「クラスター」「3密(三つの密)」など、新型コロナウイルスに関連する言葉が半数以上を占めました。

 

 

 

「新語・流行語大賞」は、1年の間に話題になった出来事や発言、流行などの中からその年を代表する言葉を選ぶ賞で、5日、ことしの候補となる30の言葉が発表されました。

 

半数以上が新型コロナウイルスに関連する言葉で、このうち感染拡大防止策に関するものとしては、

▽「新しい生活様式/ニューノーマル」

▽「おうち時間/ステイホーム」

▽「ソーシャルディスタンス」

▽「テレワーク/ワーケーション」

▽「3密(三つの密)」などが選ばれています。

 

また、「クラスター」や「濃厚接触者」「PCR検査」がノミネートされたほか、政府の施策に関連した「アベノマスク」や「GoToキャンペーン」、それにコロナ禍の世相を表す「オンライン○○」や「自粛警察」なども選ばれました。

 

社会現象や時事問題に関連した言葉としては、

▽映画の興行収入が歴代最速で100億円を突破したことでも話題となった「鬼滅の刃」、

▽日本学術会議が推薦した会員候補6人を任命しなかったことについて菅総理大臣が述べた「総合的、俯瞰的」、

▽白人の警察官に取り押さえられた黒人男性が死亡する事件をきっかけに広がった、人種差別の撲滅など訴える運動「BLM(BlackLivesMatter)運動」などが選ばれています。

 

世相や流行に関する言葉としては、

▽人気ゲーム「あつまれどうぶつの森」を略した「あつ森」、

▽人気お笑いタレント「フワちゃん」、

▽お笑いコンビ「ペコパ」の決めぜりふ、「時を戻そう」などが選ばれました。

 

ことしの傾向について選考委員会は、「ノミネート語すべてが、新型コロナウイルス関連でもおかしくないほど新語が登場し、これまで存在する言葉が独特の使われ方をした」と分析しています。

 

「新語・流行語大賞」は、12月1日にトップ10が発表されます。

 

 

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201105/k10012696391000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201105

 

 

 

 

K10012696391_2011051427_2011051428_02_01

コメントは受付けていません。

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp