NHK NEWSWEB/三重 NEWS WEB/2020年08月07日19時59分…より転載!

三重県などは7日、新たに男女あわせて23人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表し、このうち、四日市市の50代の男性医師は人工呼吸器を使い集中治療室で治療を受けていて、重症となっています。

三重県内の感染者は200人を超えてのべ212人となりました。

 

三重県などによりますと新たに感染が確認されたのは四日市市が6人、鈴鹿市が5人、伊賀市が4人、桑名市が3人、津市が2人、亀山市松阪市名張市がそれぞれ1人で、10代から90代の男女あわせて23人です。

このうち四日市市の50代の男性医師は8月1日に発熱したあと、6日症状が悪化して県内の医療機関に救急搬送されて入院し、検査の結果感染が確認されたということで、現在は人工呼吸器を使って集中治療室で治療を受けていて重症だということです。

三重県内で感染が確認された人は、200人を超え、のべ212人になりました。

三重県によりますと感染者が重症になったのは県内では初めてで、鈴木知事は「重症化する感染者が出るような状況になっているということを踏まえ、県民の皆さんには感染を拡大させない行動をとるように協力してほしい」と話しています。

23人

 

https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20200807/3070003856.html

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp