NHK NEWSWEB/2020年07月13日20時31分…より転載!

前線と低気圧の影響で、西日本と東日本ではこれから14日にかけて局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降り、記録的な豪雨となった九州や東海などでは再び大雨となるおそれがあります。被害を受けた地域では地盤が緩み、川の堤防が傷んだ場所があり、土砂災害や川の増水などに警戒が必要です。夜間の移動は大変危険なうえ、短時間のうちに状況が急激に悪化するおそれもあり、早めに避難するなどしてください。

 

気象庁によりますと、西日本から伊豆諸島付近に伸びる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になり、中国地方などで雨雲が発達しています。

 

山口県には土砂災害警戒情報が発表されている地域があり、土砂災害の危険性が非常に高くなっています。

 

このあと日本海にある低気圧が東へ進んで前線の活動が活発になり、

▽西日本では14日にかけて、

▽東日本でも14日、大雨となるおそれがあります。

 

▽記録的な豪雨となった九州北部では13日夜遅くから、

▽東海では14日未明から、局地的に雷を伴って非常激しい雨が降り、特に記録的な豪雨となった熊本県では1時間に70ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

 

14日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、

▽東海で250ミリ、

▽九州北部と四国で200ミリ、

▽北陸で180ミリ、

▽九州南部、中国地方、近畿、関東甲信で150ミリと予想されています。

 

雨は15日にかけて続くおそれがあり、15日夕方までの48時間では、

▽東海で250~350ミリ、

▽九州北部と四国で200~250ミリ、

▽北陸で180~200ミリ、

▽九州南部、中国地方、近畿、関東甲信で150~200ミリの雨が降る見込みです。

 

記録的な豪雨となった九州や東海などの被災地では地盤が緩み川の堤防が傷んだ場所があり、少ない雨でも災害が発生する危険性が高くなっています。

 

気象庁は、土砂災害、川の増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

 

夜間の時間帯の移動は大変危険なうえ、短時間のうちに状況が急激に悪化するおそれもあり、安全な場所に避難するなど早めの対策を進めてください。

 雨警戒

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200713/k10012512151000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

コメントは受付けていません。

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp