NHK NEWSWEB/三重 NEWS WEB/2020年07月07日19時30分…より転載!

九州で大雨を降らせている梅雨前線の影響で、三重県内でもこれから8日にかけ大雨が降る見通しで、気象台は、これまでの雨で地盤が緩んでいるとして土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

 気象台によりますと、停滞する梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が非常に不安定となっています。

このため、8日の県内は昼前にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、災害の危険度が急激に高まるところがある見通しです。

8日にかけ1時間に降る雨の量はいずれも多いところで南部で50ミリ、北中部で30ミリと予想されています。

また、8日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで南部で120ミリ、北中部で100ミリと予想されていて、南部では降り始めからの雨量が7月1か月の平年の雨量を超える可能性があります。

県南部では、降り始めからの雨量が300ミリを超えているところもあり、これまでの大雨で地盤が緩んでいることから気象台では、土砂災害に警戒するとともに低い土地の浸水や河川の増水、竜巻などの激しい突風などにも注意するよう呼びかけています。

土砂災害の危険度の高い状態は9日まで続く見込みだということです。

 

警戒

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp