NHK NEWSWEB/2020年04月20日12時38分…より転載!

 

緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、三重県は、20日から来月6日まで、県内全域のバーやパチンコ店などに休業要請を行うと発表しました。また、休業要請の対象外の旅館やホテルについても、大型連休中の予約を延期するなどした事業者に、県独自の協力金を支給することを明らかにしました。

 

三重県は20日午前、県庁で開いた対策本部会議で、緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、20日から来月6日まで多くの人が集まる施設などを対象に、県独自の休業要請を行うと発表しました。

 

対象地域は県内全域で、要請の対象にはバーやカラオケボックス、それにパチンコ店やライブハウスなどが含まれます。

 

休業要請に協力する事業者には、三重県と市や町から「協力金」として1事業者当たり一律50万円を支給するということです。

 

また、旅館やホテルは要請の対象外ですが、営業休止や営業規模の縮小を理由に、大型連休中の予約を延期したりキャンセルしたりした事業者を対象に、「宿泊予約延期協力金」として、1人当たり6000円、1施設当たり最大12万円を支給することにしています。

 

鈴木知事は「今まさに感染拡大阻止に全力を注ぐ時だ。県境を越える移動や県内の移動の自粛、そして、特に大型連休中の移動の自粛をお願いしたい」と述べました。

 

休業

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200420/k10012396251000.html?utm_int=word_contents_list-items_113&word_result=新型コロナウイルス

コメントは受付けていません。

公明党広報
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp