Archive for 2018年 3月 22日

NHK/NEWSWEB:3221227分…より転載!

財務省の決裁文書の書き換え問題をめぐる佐川前国税庁長官の証人喚問について、公明党の山口代表は事実関係を明らかにして、政権への信頼回復につなげたいという考えを示しました。

 

「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられた問題をめぐり、佐川前国税庁長官の証人喚問が来週27日に、衆・参両院の予算委員会で行われることになっています。

 

これについて、公明党の山口代表は党の中央幹事会で「文書の書き換えを、誰が、なぜ行ったのかが、必ずしもはっきりしておらず、その鍵を握る人物である佐川氏を証人喚問することになった」と述べました。

 

そのうえで、山口氏は「衆・参両院が、それぞれ実態を解明して、二度と問題が起こらないよう態勢を立て直し、失われた行政に対する信頼を取り戻す取り組みを誠実に行っていかなければならない」と述べ、証人喚問を通じて事実関係を明らかにし、政権への信頼回復につなげたいという考えを示しました。

 

 K10011374431_1803221238_1803221252_02_01

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp