❒NHK/NEWSWEB:10月24日17時00分…より転載!

駅のホームからの転落事故を防ごうと扉の数が異なる車両にも対応できる新型のホームドアが開発され、神奈川県三浦市の京浜急行の駅で試験的な運用が始まりました。

K10010742251_1610241740_1610241741_01_03

新型のホームドアは三菱重工業のグループ会社が開発したもので、三浦市にある京浜急行の三浦海岸駅のホームに1車両分が設置されました。新型のホームドアはセンサーで車両の扉を感知し、扉がある場所のドアが開閉し、車両に扉が3つある場合、3つのドア、扉が2つの場合、2つのドアだけが開きます。

 

開発会社によりますと、ホームドアの多くは扉の位置や数が異なる車両に対応できず、別の鉄道会社の電車が乗り入れする駅では設置が難しかったということです。京浜急行は試験運用の状況を見ながら本格的な導入を検討したいとしています。

 

京浜急行電鉄事業統括課の須藤一樹課長補佐は、「ホームドアの設置には課題が多かったが、新型のホームドアによって利用者の安全向上に努めたい」と話していました。また、新型のホームドアを見学した全日本視覚障害者協議会のメンバーの男性は、「駅で危険を感じることが多かったので、1日でも早く導入してほしい」と話していました。

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp