Archive for 2016年 6月 14日

❒本日9時より、平成28年度自治会要望の現地立会いが行われ、参加させていただきました_(._.)_

IMG_6919

NHK:NEWSWEB-6月14日12時00分…より転載!

東京都の舛添知事の政治資金などを巡る問題で、自民党東京都連の幹部らが、14日朝に会合を開き、舛添知事の辞職は避けられないという認識で一致しました。自民党東京都連は、舛添知事の動向も見極めながら辞職を求める時期などを検討していくことにしています。

 

会合には、自民党東京都連の会長を務める石原経済再生担当大臣のほか、幹事長を務める内田茂都議会議員ら、都連に所属する国会議員や都議会議員が出席しました。

この中では、舛添知事が、13日の都議会で、みずからの進退について、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが終わった段階で、都議会の判断を仰ぎたいという考えを示したことや、共産党と民進党が、舛添知事に対する不信任決議案を提出するとしていることを踏まえ、今後の対応を協議しました。

その結果、「舛添知事のこれまでの説明では都民の理解を得るのは難しい」などとして、舛添知事の辞職は避けられないという認識で一致しました。

一方で、出席者からは「自民党には、前回の都知事選挙で舛添知事を支援した責任がある」、「共産党などが提出する不信任決議案には賛同できない」などといった指摘のほか、「自民・公明両党で、不信任決議案を提出することも検討すべきだ」という意見も出されたということです。

自民党東京都連は、舛添知事の動向も見極めながら、15日の都議会の閉会ぎりぎりまで辞職を求める時期などを検討していくことにしています。

 

自民都連会長「都民に納得されたかどうか厳しい意見あり」

 

自民党東京都連の会長を務める石原経済再生担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、「一般論として言えば、都民の皆様方がきのうの一問一答形式の総務委員会の集中審議で納得をされたかどうかについては、厳しい意見があるということは十分承知している」と述べました。

また石原大臣は、共産党と民進党が提出する方針の舛添知事に対する不信任決議案への対応について、「都議会の議会運営委員会で処理を決めていくという形になるので、それを見守っていかなければならない。自民党の都議会と都連は一体で、齟齬(そご)のないように緊密に連絡を取りあって、意見交換をしているところだ」と述べました。

 

公明代表「不信任決議案提出する方向で」

 

公明党の山口代表は、報道各社のインタビューで、東京都の舛添知事の政治資金などを巡る問題を受けて、舛添知事に対する不信任決議案を提出する方向で調整していることを明らかにしたうえで、直ちに辞職するよう求める考えを示しました。

この中で、山口代表は、東京都の舛添知事の政治資金などを巡る問題について、「舛添知事の十分な説明責任が果たされていない。公明党としては、きのうの集中審議で、舛添知事に辞職を迫り、意思は明確になっている。自民・公明両党で足並みをそろえるように、交渉していると思うが、不信任決議案を提出する方向で進めていく」と述べました。

そのうえで、山口氏は「今、都知事選挙を行えば、東京オリンピック・パラリンピックの本番に、4年後の次の知事選挙が重なる問題もあるが、舛添知事に対する信任が続かず、都政が混乱し停滞した状態が続いていることを考えれば、辞職はやむをえない」と述べ、直ちに辞職するよう求める考えを示しました。

K10010555841_1606141431_1606141433_01_03

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp