Archive for 2016年 6月 3日

NHK:NEWSWEB-6月3日8時32分…より転載!

北海道七飯町の山林で行方不明となっていた小学生とみられる男の子が、3日朝、隣の鹿部町で6日ぶりに見つかり、無事、保護されました。男の子に目立ったけがはなく、警察に対して名前を名乗っているということです。

 

先月(5月)28日、北海道七飯町の山林で北斗市の小学2年生、田野岡大和くん(7)が両親が「しつけのため」として置き去りにしたあと行方が分からなくなりました。

警察や自衛隊が周辺を捜していましたが、3日午前8時前、行方不明となった場所から北におよそ4キロ離れた隣の鹿部町にある自衛隊の駒ヶ岳演習場で、自衛隊員が男の子を発見しました。

発見された時、男の子は演習場で隊員が体を休めるための施設の中にいて、自衛隊員が「大和くん」と声をかけると、「そうです」と答えたということで、6日ぶりに無事、保護されました。

警察などによりますと、男の子に目立ったけがはなく、ドクターヘリで病院に搬送されたということです。警察は、身元の確認を急ぐとともに、行方不明になった経緯などを調べています。

 

市立函館病院によりますと、田野岡大和くんとみられる男の子は午前9時10分にドクターヘリで病院の屋上に到着したということです。病院は今後、男の子の健康状態などを詳しく確認することにしています。

 

 

陸上自衛隊によりますと、3日午前7時50分ごろ、北海道鹿部町の駒ヶ岳演習場内に男の子がいるのを隊員が見つけました。

男の子が見つかったのは、訓練の際、自衛隊員が寝泊まりする建物の中で、隊員が「やまとくん?」と声をかけると「そうです」と答えたということです。この演習場は、男の子の行方がわからなくなった七飯町の山林から北に4キロほど離れています。発見された当時の状況について、自衛隊員は、「隊員が『もしかしたらやまとくん?』と声をかけたら『そうです』と元気に受け答えをしていました」と話しています。男の子の様子については、「おなかがすいているようだったので、隊員が持っていた水とおにぎりをあげました」と話していました。

また、建物に入ったいきさつなどについて「男の子は『ドアにかぎがかかっていなかったので中に入れた。建物の中に隊員が寝泊まりするためのマットがあったのでそれに挟まって寝ていた』と話していました」と説明していました。

 

 

これまでの経緯

 

北斗市の小学2年生、田野岡大和くん(7)は、先月28日、北海道七飯町の山林で行方が分からなくなりました。

この日、男の子は、鹿部町の公園に家族と一緒にでかけ、川遊びなどを楽みました。しかし、その帰り道に、両親が「しつけのため」として林道で車から降ろした後、行方が分からなくなりました。

両親は「公園で石を投げるいたずらをしたことへのしつけのつもりで置き去りにした。直後に戻ったが見つけられなかった」と話していました。警察や消防、自衛隊などは男の子が置き去りにされた場所を中心に15キロ四方で広範囲に捜索を行いました。この地域にある空き家や倉庫なども一軒一軒、調べました。また捜索現場がある七飯町も防災行政無線で情報の提供を呼びかけ、手がかりを捜していました。

K10010544801_1606030907_1606030916_01_03

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp