❒聖教新聞:10月21日(水)…より転載!

2015年10月21日。この日が、ちょっとした話題になっている。大ヒットしたSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の2作目で、主人公らが30年後の未来にタイムスリップする際、設定したのが、この日だったからである▼あらためて映画の2015年のシーンを見ると、指紋認証や顔認証システムなど、今では実用化されたものが多く登場していた。未来予想は、はずれる場合も多いが、現実になった時の驚き、感動は大きいと思った▼「学会がどうなるか、21世紀を見てください。社会に大きく貢献する人材が、必ず陸続と育つでしょう。その時が、私の勝負です!」。1970年、いわゆる言論問題による非難の嵐の中、池田名誉会長は語った▼ただしそれは、「予想」ではない。必ずそうするという「誓い」である。次代の指導者の育成に全力を注ぎ、30年余を経て迎えた21世紀。師の薫陶を受け、各界の第一線で活躍する人材が世界に広がる▼21世紀開幕から30年目の2030年は、学会創立100周年。本年は、その折り返し点である。仏法の「因果俱時」の法理は、この瞬間の一念が、過去を意味あるものにし、未来を決定していくと説く。15年後への誓いを心に描いて、きょう、今を大切に、挑戦を始めよう。(城)

 

※画像は、grape―『心』に響く動画メディア…より転載!

16935_03

 

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp