Archive for 2015年 9月 1日

❒聖教新聞:8月30日号…より転載!

 「この大自然の破壊に面しては、眼もくらみ胸もつぶれるばかりだ」――文豪・島崎藤村は、郷里にいる息子宛てに、関東大震災の惨状をこう表現した(石井正己著『文豪たちの関東大震災体験記』小学館新書)。

 

 9月1日は「防災の日」。92年前のこの日に起きたのが、死者・行方不明者10万人を超えた関東大震災だ。犠牲者の9万人以上が火災で命を落とした。地震発生が昼食時で火を使っていた家も多く、東京市(当時)では130余カ所から出火。激震で水道管が破壊されて消防能力を失った上、台風による強風にあおられ、46時間にわたって延焼。同市人口の67%強にも及ぶ人々が家屋を失い、当時の東京15区のうち下町6区では、8~10割が焼失した。

 

 大地震の際に恐ろしいのは揺れだけではない。東日本大震災では津波によって、多くの犠牲が出た。揺れの「その後」にも想像をめぐらせ、防災・減災にしっかり備えていきたい。

 

 道路や橋が寸断される大規模災害では、消防や警察が駆け付けられない場合も多い。専門家は「自助」「共助」「公助」に加え、近隣で助け合う「近助」の重要性も指摘している。

 

 関東大震災の折、四方から猛火が迫る中、近隣住民の団結で焼失を防いだ地域がある。焼失区域を示す当時の地図を見ると、東京・下町の大半が焼失して朱色に塗られた真ん中に、小さな白色の場所があることに気付く。現在の千代田区神田和泉町・神田佐久間町の一帯だ。

 

 そこでは地震発生後、老人や子どもを上野公園に避難させた上で、降り注ぐ火の粉に対して必死のバケツリレーで消火に努めた。時間差で次々と迫る猛火に知恵を出し合って立ち向かい、ついに火勢を食い止めたのは翌日の午後11時。実に約1日半にわたる消火活動で、消防署の助けもない中、住民の力で地域の約1600戸を守りきったのだ。

 

 この地域は江戸時代、材木商が並んでおり、多くの火事の出火元となった。その汚名を晴らそうと、日頃から用心を怠らないように努め、お互いが町の様子を知悉していたという。自分たちの地域は自分たちで守るという「近助」の精神が、大震災から町を守ったといえよう。

 

 「天災は忘れたころにやってくる」と、よく言われる。家族で初期消火や避難方法などを話し合うとともに、日頃から隣近所と交流を深め、いざという時に助け合えるよう語り合っていきたい。

 3f017b9b280bffd731ab242642acf718-430x257

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp